旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
行き交う船を見守り続ける白亜の灯台

樺島灯台公園

エリア
長崎 
テーマ
景勝地  
  • 行き交う船を見守り続ける白亜の灯台
  • 行き交う船を見守り続ける白亜の灯台
  • 行き交う船を見守り続ける白亜の灯台
  • 行き交う船を見守り続ける白亜の灯台
  • 行き交う船を見守り続ける白亜の灯台
樺島の南端、海抜100mの断崖の上にある白亜の灯台は、昭和7年の点灯以来天草灘、五島灘を航行する船舶はもとより、遠く東シナ海へ出漁する海船の安全を守っている。展望台に立つと目前に美しい大海原が広がり、自然と一体化したような解放感を味わうことができる。

周囲は駐車場など公園として整備され、集落から公園までの3kmはハイキングコースとして最適と好評。春は桜の名所として多くの人々が訪れる。

また、灯台へ向かう途中にある灯台資料館では、樺島灯台の歴史や、樺島からはクルージング船も出航している端島(軍艦島)の歴史などについても詳しく解説されている。

住 所 〒851-0507 長崎県長崎市野母崎樺島町樺島792-1
電話番号 095-893-1139 (野母崎地域センター)
ホームページ 『樺島灯台公園』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 樺島バス停から車で約10分。
長崎バス/長崎駅前南口バス停から樺島・岬木場行きに乗車し、樺島前まで約80分。
車/長崎駅前から約50分。
閉じる 閉じる