旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
700有余年前の元寇の後の折、本町で元軍と戦い戦死した人物。

対馬小太郎の墓

エリア
平戸・松浦 
テーマ
史跡・文化財  
  • 700有余年前の元寇の後の折、本町で元軍と戦い戦死した人物。
元寇で戦死した対馬小太郎の墓です。

1274年(文永11)、元軍が対馬に侵入してきた際、対馬守護代宗助国(つしましゅごだいそうすけくに)は、一族80騎を率いて奮戦しましたが、遂に及ばず。

戦死の直前、家臣の小太郎と兵衛次郎に、元軍の来襲を太宰府に知らせるようにと命じました。
二人は、激戦のなかを小舟で抜け出し、博多に上陸して太宰府にその旨を報じ、その使命を果たしたそうです。

その後、弘安の役のとき、小太郎・ 兵衛次郎の二人は鷹島に渡って奮戦し、この地で没したといわれ、それぞれの墓が建ちました。

小太郎は遺言に「我が屍を埋むるに対馬を望むべき丘陵に於いてせよ」と言ったため、この遺言通り、今の地に埋葬されました。
今でもその墓からは、年に数回対馬が望むことができます。
 
また兵衛次郎の墓は、鷹島町神崎免にあります。

住 所 〒859-4304 長崎県松浦市鷹島町里免
電話番号 0955-48-3111 ((鷹島支所 地域振興課))
ホームページ 『対馬小太郎の墓』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 鷹島肥前大橋から車で15分
周辺の観光スポット
周辺の長崎グルメセレクション認定店<県民が選んだおすすめグルメ店>
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる