旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
レトロな木造駅舎と美しい大村湾が一望できる。

千綿駅

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
景勝地  
  • レトロな木造駅舎と美しい大村湾が一望できる。
  • レトロな木造駅舎と美しい大村湾が一望できる。
  • レトロな木造駅舎と美しい大村湾が一望できる。
大村湾に接し、国道34号線沿いのなだらかなカーブに面した場所にある、レトロ風な駅舎が千綿駅です。
昭和3年に駅舎が建ち、営業が開始されました。その後、昭和46年から無人駅として東彼杵町の所有となり、平成5年から昔の面影をそのままに改築され、今の姿となっています。
 
千綿駅のホームからは、美しい大村湾が一望でき、海の香りが漂います。また、カーブに面していることから安全のためホームには傾斜がつけられていて、停車している列車は海側に少し傾いた状態になるとういう風光明媚でユニークな駅舎は、日本でもここにしかない珍しい駅と言われていています。

夕映えに輝く大村湾をバックに、多くの写真愛好家が同駅周辺を訪れており、2014年冬季の「青春18きっぷ」ポスター写真にも選ばれました。

駅舎には「千綿食堂」がオープンしています。




 

住 所 〒859-3928 長崎県東彼杵町平似田郷750-3
ホームページ 『千綿駅』についてのホームページはこちらへ

周辺の観光スポット
周辺の長崎グルメセレクション認定店<県民が選んだおすすめグルメ店>
このスポットに行くモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています