旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
黒島で最初にミサが行われた場所です。

信仰復活の地 出口家

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
神社・仏閣  
  • 黒島で最初にミサが行われた場所です。
  • 黒島で最初にミサが行われた場所です。
長崎各地の隠れキリシタン達は、禁教令の中、迫害があまり厳しくない黒島に移り住むようになり、約80年もの間、仏教徒を装いながら秘かに信仰を守り続けていました。
1864年に長崎に大浦天主堂が建てられ、ローマから遣わされた神父達がいることを聞きつけた出口吉太夫・大吉親子は、命がけで長崎に渡り宣教師達に会い、黒島に600人の隠れキリシタンが潜伏している状況を報告しました。その後、黒島のキリシタンは、続々とカトリックに復活。外国人神父も来島し、1872年、出口家宅で島でのミサが初めて行われました。その後、出口家は黒島のキリシタン史上重要な場所になっています。

※島内ガイドツアー有ります。
島在住のガイドさんによる、黒島の歴史を聞きながらポイントを巡るツアーです。 
要申し込み:黒島地区史跡保存会0956-56-2765までご連絡下さい。
 

住 所 〒857-3271 長崎県佐世保市黒島町
電話番号 0956-56-2765 (黒島観光協会)
交通アクセス 相ノ浦港から島まで船50分、黒島港下船