旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼

みかわち焼

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
文化・工芸  
  • 国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼
  • 国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼
  • 国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼
  • 国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼
  • 国の伝統的工芸品指定、400年の歴史を誇る三川内焼
三川内焼きの特徴は、白磁に呉須(ごす)と呼ばれる藍色の染料で、美しく繊細な絵付けを施す技法です。代表的な物は、「唐子絵」、唐子の人数によって用途は様々で藩主の贈答や、献上品として製作されました。また、三川内焼きの中でも高度な技術と高い芸術性を誇る、「透かし彫り」。この作品は、1つの作品が完成するまでに半年を要すると言われています。現在も、三川内皿山一帯には多くの窯元があり、伝統的な工芸品を守り続けています。

住 所 〒859-3151 長崎県佐世保市三川内本町 三川内皿山一帯
電話番号 0956-30-8311 (三川内陶磁器工業協同組合)
ホームページ 『みかわち焼』についてのホームページはこちらへ

閉じる 閉じる