旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
今、話題のパワースポット「降神(古川)岳の大岩(巨岩)」

降神(古川)岳の大岩(巨岩)

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
景勝地  
  • 今、話題のパワースポット「降神(古川)岳の大岩(巨岩)」
  • 今、話題のパワースポット「降神(古川)岳の大岩(巨岩)」
  • 今、話題のパワースポット「降神(古川)岳の大岩(巨岩)」
   山の中で 海に出会う・・・・・・そんな風景が広がります

 ここは昔、海でした。この巨岩は佐々川の川底から地下八百メートル下のものと同じ地層。巨岩には丸い小石だけではなく、貝殻までも付いています。巨岩のすぐ下は、海が広がっていました。
地上2百メートルの山で見る海の景色は神秘的で畏敬の念を抱きます。

 もしかしたら、神々の岩・・・まさしく目の前に現れた神秘の風景。
   そこは、言葉のいらないパワースポットの世界です。

  遊歩道には、十体の観音像や菩薩像が祀られています。

 ここの降神岳(古川)は、とにかくアップダウンが激しい。登ったかと思えば下り、下りきったと思えばまた上る。実に愉快な登山道です。三尊大明神が祀られたのが977年。その後、358年間もの間、この場所に御宮があったというから驚きです。

  簡単な登山道は、皿山公園から約1.8キロのところ (車5分でいけます) に真竹谷の271段の遊歩道階段を登れば、展望所に行きつきます。そこから7~8分歩けば、今、話題のパワースポット「降神(古川)岳の大岩」に行きつくことができます。

   風が吹き抜ける山の上は、私たちが知らないところで、観音菩薩様がいつも祈ってくれています。


   降神(古川)岳にそびえる大岩は、何万年も前に隆起した佐々川衝上断層の浸食景観が圧巻。

例えば、黄金色に輝く岩、人面岩や無数の穴など、神秘的な岩が連立して屹立しています。
巨岩振興の霊山として、室町時代に「三尊大明神」が祀られています。10カ所に祀られている菩薩像は、「恋愛」「祈願成就」などの願が叶うとされています。木漏れ日によって、名前のとおり神降る光のような不思議な力を感じさせます

             まさしく、パワースポットの聖地といえる景観が広がります。

住 所 〒857-0392 長崎県北松浦郡佐々町
電話番号 0956-62-2101 (産業経済課)