旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
県の天然指定記念物。紀州の漁民が青方に移住したときに移植したと伝えられている。

五島青方ウバメガシ

エリア
五島 
テーマ
海&ビーチ・川  
  • 県の天然指定記念物。紀州の漁民が青方に移住したときに移植したと伝えられている。
  • 県の天然指定記念物。紀州の漁民が青方に移住したときに移植したと伝えられている。
  • 県の天然指定記念物。紀州の漁民が青方に移住したときに移植したと伝えられている。
ウバメガシは、ブナ科に属し、カシの一種で中国大陸と南日本の沿岸に分布しますが、五島には自生しません。ウバメガシは漁業の染料や漁船の一部に利用するなど漁業との関係が深い。このウバメガシは寛永年間、紀州の漁民が青方に移住する際、紀州から移植したものと伝えられ、地元では紀州ガシの名で親しまれています。
ウバメガシの巨樹として珍しいだけでなく、この地方の漁業史の一端を物語る貴重な資料として指定されました。

住 所 〒847-4201 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷
電話番号 0959-42-0964 ((新上五島町観光物産協会))
ホームページ 『五島青方ウバメガシ』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 鯛ノ浦港から車で約11分