旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
国指定史跡。前室・中室・玄室の三室と羨道からなる長さ約17mの石室は、県内最長。

鬼の窟古墳(国指定史跡)

エリア
壱岐 
テーマ
史跡・文化財  
  • 国指定史跡。前室・中室・玄室の三室と羨道からなる長さ約17mの石室は、県内最長。
  • 国指定史跡。前室・中室・玄室の三室と羨道からなる長さ約17mの石室は、県内最長。
  • 国指定史跡。前室・中室・玄室の三室と羨道からなる長さ約17mの石室は、県内最長。
6世紀後半~7世紀前半頃に築造された円墳です。
石室は前室・中室・玄室の三室構造両袖式の横穴式石室で全長16.5m。
古墳の規模は直径45m、高さ13.5m。

島内では最長の石室を持ち、2番目の大きさを誇っています。

住 所 〒811-5734 長崎県壱岐市芦辺町国分本村触1206番地
電話番号 0920-45-2728 ((壱岐市文化財課))
ホームページ 『鬼の窟古墳(国指定史跡)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 郷ノ浦港から車で約15分