旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
出土品のうち162点が国の重要文化財に指定されています。

笹塚古墳(国指定史跡)

エリア
壱岐 
テーマ
史跡・文化財  
  • 出土品のうち162点が国の重要文化財に指定されています。
  • 出土品のうち162点が国の重要文化財に指定されています。
  • 出土品のうち162点が国の重要文化財に指定されています。
6世紀後半~7世紀前半頃に築造された円墳です。
鬱蒼とした森の中にあり、非常に神秘的で石室まで入ることができます。
古墳内からは世界でも珍しい亀の形をした飾り金具や、金銅製の馬具一式などの副葬品が数多く発見されました。
全て国重要文化財に指定され、一支国博物館に常設展示されています。
古墳の規模は直径66m、高さ13m、石室全長15mの県内最大級の円墳です。

住 所 〒811-5552 長崎県壱岐市勝本町百合畑936番地
電話番号 0920-45-2728 ((壱岐市文化財課))
ホームページ 『笹塚古墳(国指定史跡)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 郷ノ浦港から車で15分

閉じる 閉じる