旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
23基の小規模な古墳が集中する地域。

百合畑古墳群

エリア
壱岐 
テーマ
史跡・文化財  
  • 23基の小規模な古墳が集中する地域。
  • 23基の小規模な古墳が集中する地域。
  • 23基の小規模な古墳が集中する地域。
壱岐島の中央部に古墳群はあります。標高90~110mの丘陵に立地する古墳群です。
前方後円墳4基、円墳19基が確認されています。前方後円墳は、1号墳が全長25m、14号墳が全長20m、15号墳が全長21m、20号墳が全長26mの大きさです。円墳は、墳丘が径5~20mほどの規模ですが、18号墳だけは径31mの大きさです。
これらの古墳は小規模な前方後円墳の首長墓と首長と関連する一族、もしくは親類の墓と思われ、古墳時代を代表する群集墳が造られたエリアです。

住 所 〒818-5552 長崎県壱岐市勝本町百合畑触
電話番号 0920-45-2728 ((壱岐市文化財課))
ホームページ 『百合畑古墳群』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 郷ノ浦港から車で15分