旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
長崎の花文化

長崎検番

エリア
長崎 
テーマ
歴史・文化 史跡・文化財  
  • 長崎の花文化
  • 長崎の花文化
  • 長崎の花文化

かつて江戸の吉原、京の島原と並ぶ三大花街と謳われ、当時の風情が
今も残る長崎丸山。

その伝統を受け継ぐ長崎検番は、花柳界の芸者達が日常の稽古を行うとともに、
芸者の手配および統括を行う場所です。

丸山本通りに位置する長崎検番は、築100年以上、丸山遊郭の妓楼であった
「松月楼」といわれる古い建物が、かつての姿のまま長崎検番として
残されています。

通常、芸子さんたちは長崎の料亭で芸を披露することを主としますが、
秋の大祭「長崎くんち」ともなれば、踊りを奉納することもあります。

建物からはときに三味線の稽古の音色が聞こえ、運がよければ近場の料亭へ
向かう着物姿の芸子さん達が歩く姿も見られるかもしれません。

※内部の見学はできません。
 お座敷に芸子さんを呼ぶには、長崎市内の料亭を通じてご相談下さい。

 

住 所 〒850-0902 長崎県長崎市丸山町4-1
電話番号 095-822-0168 ((長崎検番事務所))
ホームページ 『長崎検番』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(正覚寺行)乗車約10分、正覚寺下下車徒歩4分。