西山神社のザボンの木 (ニシヤマジンジャノザボンノキ)

頭大の実がなるザボンの木

エリア
長崎
テーマ
神社・仏閣
  • 61views

この神社を建てた、長崎聖堂の学頭であり、唐通事(通訳)でもあった盧草拙(ろそうせつ)に寛文7年(1667年)ジャワから持ってきたザボンの種子を唐船船長・周九娘が渡し、神社の境内にその種子を播いたところ、見事に成長したことがこのザボンの木の始まりです。
 
その元木の種子が各地に播かれ長崎近郊は勿論、島原半島・鹿児島地方まで産出されるようになりました。
 
このザボンの木は、家の裏に枝を張る三代目の樹です。なお、四代目の本木がこの家の表にあります。

基本情報

住所 〒850-0005 長崎県長崎市西山本町8-18 西山神社境内
電話番号 095-823-1378(西山神社)
アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用8分、「諏訪神社」電停下車、徒歩10分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.