【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中

西川如見の墓(にしかわじょけんのはか) (ニシカワジョケンノハカ)

市指定史跡

  • 32views

西川如見(1648~1724)は、通称を治郎右衛門、 名を忠英、号を求林斎と称しました。

はじめは、南部草寿(なんぶそうじゅ)について儒学を学びましたが、後に小林謙貞(こばやしさだかね)について天文学や暦学を学び、当時、わが国を代表する天文学者と称されました。

 享保3年(1718)将軍吉宗は特に如見を召して、天文学や暦学についての意見を聞き、それを参考にしたといわれています。

著書には、わが国最初の世界地理の書物といわれる「増補華夷通商考」や 「日本水土考」、「四十二国人物図」、「天文義論」など多数があり、また長崎の地誌として知られる「長崎夜話草(ながさきやわぐさ)」は、如見の談話をその子正休(忠次郎)が筆録したものです。

基本情報

住所 〒850-0872 長崎県長崎市寺町 長照寺後山墓地
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行)乗車5分、「市民会館」電停下車、徒歩7分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.