滑石大神宮社叢 (ナメシダイジングウシャソウ)

市指定天然記念物

  • 263views

この神社は、もと大村藩滑石の氏神として寛文8年(1661)に創建されたものです。
神社そのものが由緒深く、社叢は小高い丘を覆い、かなり広く、社殿を中心に周囲に広がっています。

社叢を形成する樹木は、いわゆる照葉樹林で高木のクスノキ・スダジイ・ツブラジイ・タブノキ・カゴノキ・イヌマキ・ラカンマキ・ヒゼンモチ・ホルトノキ・アラカシ、低木のヒサカキ・ハクサンボク・ヤブツバキ・カクレミノ・マサキなどが多く存在しています。
なかでもマキ・シイ・クスノキは数も多く、大木も少なくありません。

美しい社叢で、風致上また学術上にも価値が高いといわれています。
 

基本情報

住所 〒852-8061 長崎県長崎市6丁目1番11号 滑石大神宮境内
アクセス JR長崎駅からバス(上床行)乗車40分、大園小学校下車徒歩3分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.