旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
県指定史跡

鉅鹿家魏之琰兄弟の墓(おうがけぎしえんきょうだいのはか)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 県指定史跡
この墓は、鉅鹿家の祖(魏之琰)とその兄魏毓禎の二人を祀る前方後円の中国式墓です。
魏之琰兄弟は福建省福州府福清縣の人でありますが、東京に移住し、東京船主として長崎間を往来し、巨利を得ました。毓禎は崇福寺に多大の貢献をしましたが、1654年東京で死去しました。
その後の貿易は弟が引継ぎましたが、1672年之琰は一家をあげて長崎に移住し、住宅唐人となりました。天和年間に死後30年を経た兄毓禎の遺骨が長崎に来ました。1689年之琰が死去して、子供たちが父と伯父を合葬したのがこの墓です。

住 所 〒850-0001 長崎県長崎市西山本町10番
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『鉅鹿家魏之琰兄弟の墓(おうがけぎしえんきょうだいのはか)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用6分、諏訪神社前下車徒歩10分。