祈りの丘絵本美術館 (イノリノオカエホンビジュツカン)

絵本の歴史とゆかりのある丘に

  • 10views

国宝・大浦天主堂やグラバー園がならぶ長崎市南山手の丘は、明治維新の頃(19世紀)、日本で唯一、西欧との交流が行われたところでさらに世界の近代絵本の源流は19世紀のイギリスにあります。
このような、歴史的にゆかりのある丘に、「祈りの丘絵本美術館」はあり、洋風に瓦ぶきという、当時の長崎独特の洋風建築です。

1階はこどもの本の店・童話館のフロアーで絵本・こどもの本が、およそ4,000点、10,000冊用意されています。
そして2階、3階が美術館のフロアーです。
美術館では、所蔵している国内外の絵本の原画による常設展や、企画展を開催しています。

また3階の一角には、およそ500冊の選びぬかれた絵本のコーナーがあり、入館者は自由に楽しむことができます。
絵本のコーナーの隣の集いのコーナーでは、絵本の大切さを伝えたり、小さなコンサートなどが開催されることもあります。

基本情報

住所 〒850-0931 長崎県長崎市南山手町2-10
電話番号 095-828-0716
営業時間 10:00 ~ 17:30 (入館は17:00まで)
休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日 ~ 1月3日、展示入替日
料金 大人 300円、小中高生 200円※団体割引あり
アクセス JR長崎駅前から路面電車(崇福寺行き乗車 「新地中華街」乗換 石橋行き乗車)20分、「大浦天主堂」下車、徒歩3分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.