旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
深海を連想させる瑠璃色は長崎の海の賜物

ガラス工芸

エリア
長崎 
テーマ
 
  • 深海を連想させる瑠璃色は長崎の海の賜物
鎖国時代の南蛮貿易により出島に入り、日本に伝えられたのがガラス細工です。
一般的には吹きガラスのことをビードロといいます。ビードロの語源はポルトガル語でガラス製品の総称で天文11年(1542)、日本に来航したポルトガル人の手によって渡ってきました。
またギヤマンはオランダ語でダイヤモンドのことで、これを使って細工をするところから切子(カットグラス)のことをギヤマンといいます。
ポルトガルとの貿易港として繁栄した長崎は、ガラス製品伝来の地でもあるのです。

住 所 長崎県長崎市 
電話番号 095-895-2621 ((長崎県 物産ブランド推進課))
ホームページ 『ガラス工芸』についてのホームページはこちらへ
閉じる 閉じる