旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
原爆の脅威と平和の尊さを体感できる施設

長崎原爆資料館

エリア
長崎 
テーマ
博物館・美術館  
  • 原爆の脅威と平和の尊さを体感できる施設
  • 原爆の脅威と平和の尊さを体感できる施設
  • 原爆の脅威と平和の尊さを体感できる施設

昭和20年(1945)8月9日午前11時2分。広島原爆投下から3日後、長崎市内の浦上地域上空で原子爆弾が炸裂し約15万人の人々が命を落としました。この資料館では被爆の惨状をはじめ原爆が投下されるに至った経過、被爆から現在までの長崎の復興の様子、核兵器開発の歴史、そして核兵器のない平和希求までがストーリーを持たせわかりやすく展示されています。
原爆直後と現在の長崎の風景写真を比較すると、目覚ましい勢いで復興した長崎の街と、長崎市民の逞しさが伝わってきます。「原爆、戦争なんて遠い昔のこと」とはいえない現在の世界情勢。各展示物に正面から向き合うと同時に“悲惨な歴史”を受け止め、真の平和について考えてみてください。
原爆・平和関係の図書閲覧ができるほか、ビデオコーナーを設置した図書室も併設しています。

住 所 〒852-8117 長崎県長崎市平野町7-8
電話番号 095-844-1231
料 金 一般 200円、小・中学生・高校生 100円
※団体割引あり
※ 障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)保持者は無料で入館できます。
営業時間 8:30~17:30(5~8月は18:30、8月7日~9日は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
定休日 12月29日~12月31日
ホームページ 『長崎原爆資料館』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅前から路面電車(赤迫行き)で浜口町下車、徒歩5分

閉じる 閉じる