アニメ「アンゴルモア元寇合戦記」放送開始!

アニメの情報とともに、対馬のスポット等を紹介します。
©2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/ アンゴルモア元寇合戦記製作委員会
7月10日より各テレビ局で放送スタート!
サンテレビ: 7月10日より毎週火曜 24:30 ~ 
TOKYO MX : 7月11日より毎週水曜 25:05 ~ 
KBS 京都 : 7月11日より毎週水曜 25:05 ~ 
テレビ愛知 : 7月12日より毎週木曜 26:05 ~
TVQ 九州放送 : 7月12日より毎週木曜 27:00 ~ 
BS11 : 7月13日より毎週金曜 25:00 ~ 
対馬 CATV : 7月14日より毎週土曜 20:00 ~
NBC 長崎放送 : 7月15日より毎週日曜 25:20 ~(初回放送のみ 25 : 50 スタート)
RCC 中国放送 : 7月18日より毎週水曜 25:25 ~
※放送日時は変更になる可能性がございます

-----------------------------------------------
Amazon プライム・ビデオにて見放題独占配信決定!
7月10日より毎週金曜 24:30頃~配信開始予定
-----------------------------------------------
KADOKAWAのComic WalkerでWeb連載中の、たかぎ七彦氏による元寇(文永の役・1274年)における対馬での戦いを描いた漫画です。
中世日本を揺るがす大事件「元寇」を斬新な視点で描く本作は、率土の地・対馬で、圧倒的な勢力に対し、逃げ惑い、抗い、奮起し、立ち向かった人々の姿を描いています。
鎌倉武士・朽井迅三郎はある事件により、罪人として対馬へ流刑となる。
島を治める地頭代の娘・輝日は、対馬へたどり着いた流人たちに、蒙古の大軍勢が対馬へ迫っていることを伝え、ある命令を下す。

「さぁ、お前たち。この対馬のために、死んでくれ」

死罪となる代わりに捨て石となれと命じられ、是非もない流人たちは、蒙古軍との戦いへ身を投じる。
怯むことなく対馬勢を率いて立ち向かう迅三郎。
島民を鼓舞し勇気づける宗家一門と輝日。
古来より対馬を守り続ける刀伊祓たち。

大宰府からの援軍が到着するまで、迅三郎たち対馬勢は、蒙古軍の猛攻を防ぎきることができるのか?

全てを失い、流された率土の地・対馬で一所懸命という志のもと、諦めない勇者たちが挑む七日間の戦いが始まる!
CAST
CAST
朽井迅三郎:小野友樹
輝日:Lynn
鬼剛丸:小山力也
白石和久:乃村健次
張明福:斎藤志郎
阿無志:堀江瞬
火垂:竹内良太
導円:小林裕介
男衾三郎:浜田賢二
宗助国:柴田秀勝
阿比留弥次郎:鈴木達央
少弐景資:立花慎之介
長嶺判官:小野賢章
貝谷権太郎:ボルケーノ太田
鹿乃:小松未可子
タツ:米山明日美
サナ:原奈津子
劉復亨:子安武人
ウリヤンエデイ:利根健太朗
金方慶:松山鷹志 ほか
 
STAFF
STAFF
原作:たかぎ七彦『アンゴルモア元寇合戦記』
(KADOKAWA 「Comic Walker」連載)
監督:栗山貴行
助監督:羽原久美子
シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:総作画監督:小峰正頼
プロップデザイン:神戸洋行・滝川和男
色彩設計:岡田絵美子
撮影監督:久野利和
編集:右山章太
音楽:片山修志
音響監督:小泉紀介
音響効果:今野康之
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作: NAZ
製作:アンゴルモア元寇合戦記製作委員会
オープニングテーマアーティスト:ストレイテナー(ユニバーサルミュージック)
エンディングテーマアーティスト: SHE'S (ユニバーサルミュージック)
 
ヒロイン・輝日役のLynnが舞台となった対馬を訪れ様々な地をご紹介します。
小茂田浜海水浴場
日本に襲来した蒙古軍の上陸地として考えられています。 対馬守護代の宗助国は討死しますが、迅三郎は奮戦し、蒙古軍に反撃します。
浅茅湾
浅茅湾
対馬の中央に広がる浅茅湾(あそうわん)は、複雑な入り江と無数の島々が織りなす典型的なリアス式海岸です。本作ではここに進入した蒙古軍と防人の末裔・刀伊祓が対決します。
金田城跡
蒙古軍との決戦地金田城は、白村江で敗れた日本が、唐・新羅に対する防衛拠点として667年に築いたとされる国指定特別史跡で、日本遺産第1号の認定文化財です。山頂からは浅茅湾と朝鮮半島を眺望でき、延長約2.8km、最大高7mの壮麗な石塁は1350年前の古代山城の姿を今に伝えています。
マンガ「アンゴルモア 元寇合戦記」は元寇(文永の役・1274年)における対馬の戦いを描きます。
圧倒的な蒙古軍に鎌倉武士朽井迅三郎が義経流兵法と対馬の天険を利用し対馬兵とともに立ち向かいます。
6巻末の作者のたかぎ七彦先生の対馬取材旅行記も注目です。
閉じる 閉じる