このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > 海鮮満載!ご当地どんぶり合戦!

グルメ

西海丼アワビ天丼
西海丼アワビ天丼壱岐の海士

海鮮満載!あっちこっちで
ご当地どんぶり合戦勃発中!

ここ数年、九州各地では、地元食材をてんこ盛りにした“ご当地どんぶり”がちょっとしたブーム。長崎県にも3つのどんぶり激戦区があります。「ウチのが一番ウマイ!」、「このスタイルはウチだけだ」、「あそこんちにだけは負けねぇ!」と各地各店のオヤジさん、女将さんはみな、鼻息も荒い!食べる方も気合を入れて味わいましょう。

西海丼

旬の厳選素材を丼ぶりで豪快に

西海市さいかい丼

旬の魚介から和牛、さらに
ブランドトマトまで丼にドン!

西海丼豊かな自然が育んだ食材をふんだんに使い、オリジナル丼を競い合う「さいかい丼フェア」。春と秋の年2回行われるこのイベントも今年で4年目に突入し、20数軒のお店で美味しいどんぶり合戦が繰り広げられています。三方を海に囲まれる西海市だけに、ひらめや伊勢海老をはじめ、旬の魚介を使った海鮮系が多いのですが、中には長崎和牛や地元ブランドポーク「炭火豚」などの肉食系、名産「大島トマト」が入った野菜天丼など、バリエーションも豊富。さらに「マイ箸でもう1品サービス」などのエコ特典も行っているので、お出かけの際にはマイ箸持参をお忘れなく!

松浦市魚島来めし(おとこめし)

「男なら食ってみな!」
漁師飯から生まれた「魚島来めし」

おとこめし研修風景古くから漁業が盛んな松浦市の鷹島(たかしま)。昨年の肥前大島大橋開通にあわせて、「もっと多くの人に島の魚を食べに来てもらいたい!」との思いで生まれたのが、この「魚島来(おとこ)めし」。実はその原型は、島の漁師さんたちの間で食べられていた「おとこやま」という漁師料理なのです。新鮮な旬の魚介を刺身にし、ごまだれにしばらくつけたものをごっそりごはんに乗せて、豪快にかっ込む。半分ぐらい食べたところでちょっと休憩。後半戦は残った刺身とごはんにアツアツのお茶をかけてヅケ茶漬けを。この海鮮ヅケ丼スタイルのどんぶりを、大橋のたもとにある「道の駅鷹ら島」や「モンゴル村」を始め、島内にある6つの飲食店で用意。新鮮な魚はもちろん、各店オリジナルのごまダレにも注目を。

風味豊かなごまダレで美味しさUP!

風味豊かなごまダレで美味しさUP!

うに丼

トロリあまーい!生ウニを贅沢に丼で

壱岐市うに丼

5~9月だけの期間限定
待ってました!生うに丼!

うに夏の壱岐のごちそうといえばウニ!島を囲む海底にはわかめやモズクなどの海藻が多く、「海藻類をたっぷり食べて育つから、壱岐のウニは肉厚で濃厚、甘みもある!」と、地元の漁師さん。そんな極上生ウニがたっぷり乗ったウニ丼が食べられるのは、漁が行われる5月~9月のみ。まさに期間限定のどんぶりなのです。アツアツのごはんを埋め尽くすのは、黄金色のウニ・ウニ・ウニ!殻から出したまんまをのせて、ウニが持つ塩味で味わうところもあれば、お好みで醤油をたらしたり、中にはごはんにウニとマッチする特製タレをかけるなど、そのスタイルはさまざま。どんぶりのほか、ウニ入り茶碗蒸しを用意するところもあるそう。

ページトップへ

閉じる 閉じる