このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > 麦の壱岐&芋の五島 島で生まれた名焼酎を訪ねて

グルメ

焼酎芋焼酎
焼酎蔵

麦の壱岐&芋の五島
島で生まれた名焼酎を訪ねて

焼酎王国・九州の中、長崎を代表するのは壱岐と五島で仕込まれる島焼酎。壱岐は上品な甘みが特徴の麦焼酎が主流。一方、五島ではふくよかな香りと深い味わいの芋焼酎が楽しめます。それぞれの特徴を代表的な蔵元と各蔵おすすめの1本、さらにその味を引き立てる島の一品料理も交え、ご紹介します。

大麦栽培地収穫

麦の壱岐

400年の歴史を誇る麦焼酎発祥の地
WTO認定の世界の銘酒にも仲間入り

大陸から伝来した蒸留方法を利用し、すでに戦国時代末には焼酎を味わっていたという壱岐。長崎で2番目に広い穀倉地帯を持つ島ですが、江戸時代にはとれたお米のほとんどが年貢として納められていたため、人々の主食は麦。そこから麦焼酎も誕生し、やがて九州、さらに全国へ。まさに壱岐は麦焼酎発祥の地なのです。豊かな大麦の香り、さらに上品な甘さと厚みのある味わいが特徴の壱岐焼酎。その秘密は島の玄武岩地層と岳ノ辻に蓄えられた柔らかで滑らかな天然地下水、さらに大麦と米麹を2:1の割合で仕込む伝統製法にあります。

以下の7つの酒蔵では、江戸時代に確立されたこの伝統製法を今も厳格に守って醸造しています。また、歴史ある壱岐焼酎はWTO(世界貿易機関)の「地理的表示」の「産地指定」にも認定されています。この「産地指定」はその土地で生まれ、その土地で作られて来た、その土地ならではの物にしかあたえられない称号のようなもの。世界的にはウイスキーの「バーボン」や「スコッチ」、ワインの「ボルドー」「シャンパーニュ」がそれに当たります。壱岐焼酎は世界的な銘酒としても認められているのです。

壱岐っ娘

麦の壱岐 七大酒蔵&おすすめの1本

猿川

「猿川」

猿川伊豆酒造

壱岐市芦辺町深江本村触1402-1

TEL:0920-45-0200 [HP]

天の川 琥珀

「天の川 琥珀」

天の川酒造

壱岐市郷ノ浦町田中触808

TEL:0920-47-0108 [HP]

山之守

「山之守」

山の守酒造場

壱岐市郷ノ浦町志原西触85

TEL:0920-47-0301

華秘伝 黄金

「華秘伝 黄金」

壱岐の華

壱岐市芦辺町諸吉二亦触1664-1

TEL:0920-45-0041 [HP]

壱岐っ娘

「壱岐っ娘」

壱岐の蔵酒造

壱岐市芦辺町湯岳本村触520

TEL:0920-45-2111 [HP]

筒城浜

「筒城浜」

重家酒造

壱岐市石田町印通寺浦200

TEL:0920-44-5002 [HP]

壱岐スーパーゴールド22

「壱岐スーパーゴールド22」

玄海酒造

壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1

TEL:0920-47-0160 [HP]

壱岐焼酎おすすめおつまみ

剣先イカのお造り

剣先イカのお造り

イカ漁も盛んな壱岐。
5月~10月は柔かさと甘さが特徴の剣先イカをあてに麦焼酎を。ちなみに11月からは断然、寒ブリがおすすめ。

芋の五島

芋の五島

島の良質な芋と作り手の情熱が生む
ふくよかな香りと芳醇な味わい

もともとお米が育ちにくい土壌といわれ、その代用として養分をあまり必要としない甘薯(サツマイモ)を栽培し食していた五島列島。島の温暖な気候と強い日差しはサツマイモ作りには最適で、できる芋も実に良質!現在では県内第2位の生産高を誇っています。五島ならではのスイーツ「かんころ餅」同様、お酒も五島列島ではサツマイモから生まれる芋焼酎が主流なのです。

特に注目は以下の2つの酒蔵。どちらも原料となるサツマイモに対して大いにこだわっています。上五島にある五島灘酒造では、鹿児島のブランド芋焼酎にも使われている焼酎用の芋「小金千貫」のみを使用。でんぷん質の高いこの品種を地元農家に依頼して生産しています。一方、福江島の五島列島酒蔵は、「生まれも育ちも五島の芋」にこだわり、古くから地元で育てられてきた品種「甘薯・高系14号」のみで醸造を行っています。どちらも作り手の熱い思いを感じる、深い味わいが楽しめます。

五つ星

芋の五島 二大酒蔵&おすすめの1本

五島灘・白麹

「五島灘・白麹」

五島灘酒造

南松浦郡新上五島町有川郷1394-1

TEL:0920-42-0002 [HP]

五島芋

「五島芋」

五島列島酒蔵

五島市三井楽町濱ノ畔3158

TEL:0959-84-3300

五島芋焼酎おすすめおつまみ

ハコフグのみそ焼き

ハコフグのみそ焼き

四角のハコフグをひっくり返してお腹の中に味噌とみりんと薬味を入れて炭火で焼きます。フグの身や白子を味噌に混ぜて味わって。

ページトップへ

閉じる 閉じる