旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
弥生時代、海上交易で栄えた一支国へ

ORCで行く「日本遺産」壱岐の旅

エリア
壱岐  
テーマ
歴史をじっくり学ぶ  
目安
1泊2日 
平成27年4月24日、歴史的建造物や伝統芸能などの有形、無形の文化財をテーマや地域ごとに物語る、文化庁認定の「日本遺産」の第1弾に、「国境の島 壱岐・対馬 ・五島 ~古代からの架け橋~」(対馬・壱岐・五島列島の27の文化財で構成)が認定されました。 今回は、日本遺産に認定された壱岐をご紹介。 長崎県の離島へは、ORCオリエンタルエアブリッジが便利です。 

壱岐は、九州と対馬の真ん中に位置し、南北17km 東西15Km。島内で一番高い山が約212mでスカイツリーの約1/3。起伏も少なく車でも回りやすい島です。それでは、長崎空港から30分の空の旅で、国境の島壱岐にひっと飛び!

対馬のモデルコース

  • 1日目
    Spot 1
    長崎空港 7:50発
    長崎空港

    ORCオリエンタルエアブリッジで壱岐へGO!

    長崎を拠点とする航空会社で、長崎空港から対馬・壱岐・五島へと毎日運航されており、離島の多い長崎県ではとても便利なORC。今回は、このORCを利用して壱岐へ。所要時間は何と30分!

    ■ORCオリエンタルエアブリッジ

    • 住所:  〒856-0816長崎県大村市箕島町593-2
    • 電話番号:  0957-52-5555 
  • ORCで約30分
    Spot 2
    壱岐空港 8:20着
    壱岐空港

    飛んだと思ったら、もう到着!

    ORCは翼が機体の上部ついているので、座席の窓からもの眺めも絶景。本当あっという間の空の旅でした。空港からは、レンタカーで島内めぐり。

    予約しておくと空港まで迎えに来てくれます。
    ■壱岐のレンタカー情報


    さて、壱岐空港に着いたら、まず「しまとく通貨」をGET。6000円分が5000円購入できるプレミアム商品券です。宿泊・レンタカー・食事・お土産も利用できるので、これはお得です。
    ■しまとく通貨

    • 住所:  〒811-5203長崎県壱岐市 石田町筒城東触1725番地
    • 電話番号:  0920-44-5167
  • 車で約10分
    Spot 3
    8:40着

    日本の快水浴場百選に選ばれた壱岐の代表的なビーチリゾート

    白浜青松のビーチが広がる筒城七浜は、壱岐を代表するビーチ群。中でも筒城浜海水浴場は、日本の快水浴場100選・日本の渚100選に選ばれた壱岐随一のビーチです。白くてきめの細かい砂浜は、約600m続き、遠浅で波も穏やかなため、夏にはたくさんの海水浴客で賑わいます。キャンプ場やバーベキュー広場、テニスコート等の施設が整備された筒城浜ふれあい広場と隣接しており、壱岐の夏で一番賑わうスポットです。

    • 住所:  〒811-5203長崎県壱岐市石田町筒城東触1916-1
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約5分
    Spot 4
    8:50

    いろんな楽しみ方ができるビーチ

    きめ細やかな砂の中には、サクラ貝も。ジェットスキーやビーチバレーなどマリンスポーツも楽しめるビーチです。オフシーズンは、座ってボーっと過ごすのもいいですね~。

    • 住所:  〒811-5203長崎県壱岐市石田町筒城東触842-16
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約10分
    Spot 5
    9:20 【日本遺産※古墳・遺跡の出土品】

    古墳めぐりの前には、ぜひこちらへ

    ここでは、壱岐の歴史文化すべてを学ぶことができます。日本遺産にも認定された原の辻遺跡や笹塚古墳・双六古墳からの貴重な出土品も多く展示されています。また、笹塚古墳の床下の再現やCG映像なども見学できるので、日本遺産の古墳を巡る前には、予習も兼ねてぜひお立ち寄りください。

    館内のショップでは、壱岐のゆるキャラで人気の「人面石くん」をモチーフにした、人面石クッキーやグッズも販売されています。こちらも要チェック!

    ■壱岐市立 一支国博物館

    • 住所:  〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
    • 電話番号:  0920-45-2731
    • 営業時間:  8:45~17:30
    • 休日:  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)

      ※GWおよび夏休み期間は無休

      ※12月29日~31日 休館
  • 車で約5分
    Spot 6
    10:30  【日本遺産】

    一支国の王都「原の辻遺跡」

    原の辻遺跡は、弥生時代の重要な遺跡として、静岡県登呂遺跡、佐賀県吉野ヶ里遺跡と同じく、史跡の国宝といわれる国特別史跡に指定されています。また特筆すべきは原の辻遺跡が唯一、国と王都が特定されていることです。現在、発掘調査は2割程度ですがすでに数々の貴重な発見がありました。調査済みの所は、遺跡公園として復元整備され、自由に見ることができます。また隣接している原の辻ガイダンスでは発掘に使用した道具や発掘品の見学、土器作り・火起こし・勾玉作りなどの体験もできます。

    • 住所:  〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触1092-5
    • 電話番号:  0920-45-2065
    • 営業時間:  8:45~17:30
    • 休日:  12月29日~1月3日
  • 車で約15分
    Spot 7
    11:10

    生き島神話の折れ柱が見える壱岐随一の景勝地

    総延長約1kmの海蝕崖です。崖上は広大な天然芝のスロープとなっており、海中から細い柱を束ねたような奇岩も突き出ています。海に浮かぶこの岩は、猿岩と同じく、生き島神話の八本の柱のひとつ「折柱」です。
    地名の鼻とは、壱岐では突端の断崖絶壁を意味します。
    赤瀬鼻、イルカ鼻など鼻の付く地名がいくつもあり、どこも水平線をみることができる景勝地です。

    • 住所:  〒811-5326長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1512番地
    • 電話番号:  0920-45-1111
  • 車で約10分
    Spot 8
    11:30
    島の駅 壱番館

    壱岐の“食”が集合!!

    JA壱岐市が運営している「島の駅 壱番館」。 朝採りの旬な野菜や新鮮な魚介、壱岐牛などが並び、地元の方にも人気のお店です。やはり旅先では、地元人が集まるショップは要チェックですね。  
    壱岐ならではのお土産もGET!

    ■島の駅 壱番館

    • 住所:  〒811-5315長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1756-1
    • 電話番号:  0920-45-0415
  • 車で約5分
    Spot 9
    12:00 【日本遺産※内海湾】

    日によって限られた時間にしか現れない神秘の参道です。

    小島神社は小枝すら持ち帰ることが許されない島全体が神域とされています。

    太陽と月の引力によって生じる干満によって、干潮時は海が割れて参道ができ、満潮時は島に変わります。

    干潮の時にしか参拝ができない魅力的な神社です。

    満潮時は参道も海底にあるため、潮がが引いた時に逃げ遅れた海中生物が多く見られるのも楽しい光景です。

    • 住所:  〒811-5315長崎県壱岐市芦辺町諸吉ニ亦触1969番地
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約2分
    Spot 10
    12:20
    カキハウス内海湾

    パワースポットのあとは、バーベキューを満喫

    小島神社のそばにあるこちらでは、バーベキューを楽しめます。地元でとれたサザエにイカにアスパラガス。今回は特別に壱岐牛までオーダーしちゃいました。
    10月からは、カキや真珠の貝柱も登場するそう。
    壱岐は秋からも美味しいですよ。

    営業時間 11:00~17:00
    ※時間外は予約のみ受付け
    ※食材の入荷状況についてはお問い合わせください
    ※メニューの一例 / 殻付カキ一盛(1~1.3人分)1,000円、アワビ1個800円、サザエ1個500円、壱岐牛は要予約(100g900円~)

    • 住所:  長崎県壱岐市芦辺町諸吉南触111
    • 電話番号:  0920-45-2094/090-8417-5222(山本)
  • 車で約10分
    Spot 11
    13:30 【日本遺産※壱岐古墳群】

    国指定史跡。前室・中室・玄室の三室と羨道からなる長さ約17mの石室は、県内最長。

    6世紀後半~7世紀前半頃に築造された円墳です。
    石室は前室・中室・玄室の三室構造両袖式の横穴式石室で全長16.5m。
    古墳の規模は直径45m、高さ13.5m。

    島内では最長の石室を持ち、2番目の大きさを誇っています。

    • 住所:  〒811-5734長崎県壱岐市芦辺町国分本村触1206番地
    • 電話番号:  0920-45-2728
  • 車で約5分
    Spot 12
    13:50 【日本遺産※壱岐古墳群】

    国指定史跡「掛木古墳」

    6世紀後半~7世紀前半頃に築造された円墳です。現状は南北22.5m、東西18m、高さ7m程度ですが、築造当時は直径30m程の規模であったと想定されています。
    石室は、前室・中室・玄室の三室構造両袖式の横穴式石室で玄室には島内唯一のくり抜き式家形石棺がそのまま残っています。
    また、隣接する「風土記の丘」には、古墳館も整備され、壱岐の古墳群散策を楽しむ玄関口となっています。

    • 住所:  〒811-5544長崎県壱岐市勝本町布気触掛木
    • 電話番号:  0920-43-0809
  • 徒歩すぐ

    江戸時代の壱岐の古民家が復元され、かつての生活様式に思いを馳せることができます。

    敷地内には江戸時代中期の壱岐の民家が移築されており、生活用具・農耕具などの民俗資料はじめとする壱岐で出土した1500年前の考古資料が展示されているため、江戸時代の島の暮らしぶりを垣間みることができます。

    • 住所:  長崎県壱岐市勝本町布気触325番地
    • 電話番号:  0920-43-0809
    • 営業時間:  9:00~17:00
      (最終入館16:30)
    • 休日:  毎週月曜日、12月29日~1月3日
  • 徒歩約10分
    Spot 14
    14:15 【日本遺産※壱岐古墳群】

    23基の小規模な古墳が集中する地域。

    壱岐島の中央部に古墳群はあります。標高90~110mの丘陵に立地する古墳群です。
    前方後円墳4基、円墳19基が確認されています。前方後円墳は、1号墳が全長25m、14号墳が全長20m、15号墳が全長21m、20号墳が全長26mの大きさです。円墳は、墳丘が径5~20mほどの規模ですが、18号墳だけは径31mの大きさです。
    これらの古墳は小規模な前方後円墳の首長墓と首長と関連する一族、もしくは親類の墓と思われ、古墳時代を代表する群集墳が造られたエリアです。

    • 住所:  〒818-5552長崎県壱岐市勝本町百合畑触
    • 電話番号:  0920-45-2728
  • 徒歩約10分
    Spot 15
    14:30 【日本遺産※壱岐古墳群】

    出土品のうち162点が国の重要文化財に指定されています。

    6世紀後半~7世紀前半頃に築造された円墳です。
    鬱蒼とした森の中にあり、非常に神秘的で石室まで入ることができます。
    古墳内からは世界でも珍しい亀の形をした飾り金具や、金銅製の馬具一式などの副葬品が数多く発見されました。
    全て国重要文化財に指定され、一支国博物館に常設展示されています。
    古墳の規模は直径66m、高さ13m、石室全長15mの県内最大級の円墳です。

    • 住所:  〒811-5552長崎県壱岐市勝本町百合畑936番地
    • 電話番号:  0920-45-2728
  • 徒歩約10分
    Spot 16
    14:45 【日本遺産※壱岐古墳群】

    県内最大の前方後円墳

    6世紀中頃に築造された県下最大の91mの前方後円墳で、九州で5番目の規模を誇ります。
    島の中には、現在確認されているだけで280基以上の古墳がありますが古墳の規模も九州を代表するものが多く、古代から壱岐が栄え、重要視されていたかを物語っています。

    今回は、壱岐・島おこし応援隊 チーム防人の小川さん(左)と重本さんに「古墳群散策」で、日本遺産でもある古墳をご案内していただきました。
    ■チーム防人のお問合せ
    壱岐市観光連盟 TEL:
    0920-47-3700 

    • 住所:  〒811-5553長崎県壱岐市勝本町立石東触81番地
    • 電話番号:  0920-45-2728
  • 車で約10分
    Spot 17
    15:00

    日本神道発祥の地

    伝統と格式を誇る式内社の1つです。
    古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大御神の次に産んだのが月読命(つくよみのみこと)とされています。
     
    京都の月読神社は、487年壱岐の県主(あがたぬし)の先祖忍見宿祢(おしみのすくね)が壱岐から分霊したもので、ここは神道の発祥の地という説もあります。
     
    県道に面した鳥居から桧林の中を急な石段の参道がつづき、鬱蒼として神秘的なたたずまいを見せています。

    • 住所:  〒811-5732長崎県壱岐市芦辺町国分東触464番地
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約2分
    Spot 18
    15:15
    國片主神社

    招き猫を回す⁉

    境内には立派な牛の石像の他に小さい鳥居が三つあり、例祭の日、ここをくぐって祈願する習わしがある。式内社二十四座のひとつ。
    ほかにも、撫でる箇所で願い事が違う〈撫で大黒〉や、男女逆方向に回すと良いと言われる〈招福猫〉、自分の具合悪いところをなでると良くなると言われる〈撫で小僧〉など、ここならでは楽しい⁉願掛けがあります。

    • 住所:  〒811-5732長崎県壱岐市芦辺町国分東触776
  • 車で約20分
    Spot 19
    16:00
    モカジャバ カフェ 大久保本店

    壱岐牛バーガーを求めて勝本へ

    元々海産物問屋さんだったこちらは、築150年目の古民家をリノベーションしたカフェ。カフェと言っても地元でとれたお刺身や郷土料理など本格的なお食事もいただけます。今回の目的は「壱岐牛バーガー」。100%壱岐牛バーガーで、しかもビッグサイズ! 
    ・壱岐牛バーガー 900円 ※プラス100円でポテト&ドリンク付

    営業時間
    月曜~水曜 11:00 ~20:30 OS 20:00
    金曜~日曜    11:00 ~22:00 OS 21:30 
     木曜定休

    ■Mochajava Cafe 大久保本店

    • 住所:  〒811-5501長崎県壱岐市勝本町勝本浦359
    • 電話番号:  0920-42-0500
  • 車で約15分
    Spot 20
    17:15
    国民宿舎 壱岐島荘

    壱岐で唯一の展望温泉

    壱岐の西部に位置する源泉掛け流し湯ノ本温泉。そのエリアに位置するこちらは、海と島の絶景が眺められる天然温泉の宿。眺望が良い宿で、壱岐の新鮮なお魚やミネラル分たっぷりの壱岐牛を堪能できます。

    ※壱岐を巡るのに便利な電動付自電車「壱岐ちゃり」のレンタルもあります。

    ■ 国民宿舎 壱岐島荘



    • 住所:  〒811-5556長崎県壱岐市勝本町立石西触101
    • 電話番号:  0920-43-0124
  • 2日目 壱岐島荘8:00発
    Spot 21
    8:15 【日本遺産】

    豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に造られた城跡。展望台からは勝本港や遠く対馬が望めることができます。

    勝本港や対馬を望む絶景の丘に、1591年、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し勝本城を急造しました。
    現在、城跡の一部が公園になっており、僅かに残った大手門の石垣が往時を偲ばせます。
    公園の近隣には松尾芭蕉の高弟で壱岐で客死した河合曽良の墓もあります。地元ガイドとまわるプランがおすすめです。

    • 住所:  長崎県壱岐市勝本町坂本触
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約5分
    Spot 22
    8:30  〈クルージング 9:00発〉

    宝石の海めぐり

    玄界灘の宝石箱と称される壱岐の辰の島(無人島)の海蝕崖と海蝕岩は、見応え十分。海の宮殿、マンモス岩、羽奈尾観音、ハイライトは高さ50mの断崖を鉈で断ち切ったような蛇ヶ谷。特に遊覧船からでないと見られない羽奈尾観音は見えにくく、心が美しい人にしか見えないといわれているため、意地でも目にしたいパワースポットです。

    • 住所:  〒811-5512長崎県壱岐市勝本町東触
    • 電話番号:  0920-42-2020
    • 営業時間:  運航期間:春期~秋期
      ※シーズン以外は、予約で運行。(最少運行人員:2名)
  • 車で約2分
    Spot 23
    10:10

    勝本の朝市は江戸時代の物々交換がルーツと言われており、様々な地元の産物が並びます。

    勝本の朝市は江戸時代から続くもので、勝本浦に住む漁民とその近郊の農村に住む農民との物々交換によって始まったものとされています。

    毎朝勝本浦の商店街の店先には、近所の人々の市が立ち、自家製の農産物の店と小魚や干物など海産物の店に分かれています。鮮度のよさと値段の安さに定評があり、地元の人のみならず観光客にも長年愛されています。

    • 住所:  〒811-5501長崎県壱岐市勝本町勝本浦204-1
    • 電話番号:  0920-48-1111
    • 営業時間:  8:00~12:00
    • 休日:  無休
  • 徒歩すぐ
    Spot 24
    土肥増商店

    一度食べたら忘れられない

    朝市で有名な勝本市場にあるこちらの、壱岐牛を使った自家製の壱岐牛ローストビーフが絶品。地元の人もわざわざ買いに来るほど、知る人ぞ知る逸品です。
    ほかにも、この通りには手作りジャムを販売する「下条果物店」も。要チェック!

    ■手作り 壱岐牛ローストビーフ 
     ※お電話でお店へご確認の上お買い求め下さい。
    営業時間  7:00~19:30
    第1・3日曜日定休

    • 住所:  長崎県壱岐市勝本町勝本浦205番地
    • 電話番号:  0920-42-0061
  • 車で約20分
    Spot 25
    11:00  ★体験プログラム
    いき湯がっぱ海の駅

    魚をさばくとこから始めます

    湯ノ本温泉の活性化のために昨年11月より営業しているこちらでは、〈ギョギョ丼作り体験〉や〈魚肉ウインナー作り体験〉などの体験プログラムがあります。今回はギョギョ丼作りに挑戦。プロの料理人から、魚をさばくところから教わり、最後は美味しくいただきます! 女子達にはいい花嫁修行にもなりますよ。

    ギョギョ丼とは、熱々の魚の天ぷらと刺身を特製タレに付け込んだづけの両方を一度に楽しめる丼です。
    ◎ギョギョ丼作り体験 料金:お一人3000円
     ※定員2~6名 7日前までに予約 
    ■いき湯がっぱ道の駅 体験プログラム

    • 住所:  〒811-5551長崎県壱岐市勝本町湯本浦26
    • 電話番号:  0920-43-0755
  • 車で約10分
    Spot 26
    13:50

    壱岐のシンボル、自然がつくった日本を代表する奇岩

    黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩です。そっぽを向いた猿にそっくりで、気紛れな自然の造形に驚かされます。壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋ぎました。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている」とあり、その八本の柱のひとつが猿岩です。駐車場脇には壱岐市のアンテナショップ「お猿のかご屋」もあります。

    • 住所:  〒811-5103長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870番地
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 徒歩すぐ
    Spot 27

    第二次大戦時、対馬海峡を航行する艦船を攻撃する目的で設置された巨大な砲台跡。

    東洋一の砲台であった黒崎砲台跡は、猿岩隣の小高い丘にあります。この砲台は、対馬海峡を航行する艦船を攻撃する目的で設置されました。砲台は口径41㎝、砲身18㎝の2連砲で戦艦の主砲が取り付けられており、普段は地下に潜り、海上からは見えない構造でした。一度だけ試射されましたがその射程距離と破壊力は、東洋一というだけあって近くの民家の窓ガラス等はすべて割れたほどだったといいます。終戦後、解体されましたが周辺施設は当時のままで、現在は跡のみが残る戦争遺産です。

    • 住所:  長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870番地
    • 電話番号:  0920-47-3700
  • 車で約20分
    Spot 28
    14:30 【日本遺産】

    壱岐の絶景スポットは古代の通信基地

    島内の最高峰(212.8m)で展望台からは島の大部分を見渡すことができる絶景の場所です。好天日には九州や対馬も眺望できます。

    ●日本で第1号の日本遺産に認定された、壱岐の文化財は10件
    原の辻遺跡/長崎県原の辻遺跡出土品/壱岐古墳群/長崎県笹塚古墳群出土品/長崎県双六古墳出土品/勝本城跡/内海湾/岳ノ辻/カラカミ遺跡/生池城跡

    • 住所:  〒811-5131長崎県壱岐市郷ノ浦町片原触931番地
    • 電話番号:  0920-48-1111
  • 車で約5分
    Spot 29
    14:50  ★焼酎工場見学
    玄海酒造

    壱岐は、麦焼酎発祥の地です

    壱岐で一番高い山「岳の辻」の麓にある玄海酒造では、豊かな湧き水で作る麦焼酎「壱岐ゴールド」が全国的にも有名。事前に予約すると工場見学ができます。美味しい麦焼酎のできる過程を見学した後は、楽しい試飲も。

    玄海酒造株式会社 ※見学は要予約

    • 住所:  長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1
    • 電話番号:  0920-47-0160
  • 車で約10分
    Spot 30
    15:40
    ベーカリーはるかぜ

    石なのに柔らかいパンになっちゃった~

    壱岐の食材や米粉を使用して作るパンが地元で人気のはるかぜ。こちらでは、壱岐のシュールさが人気のゆるキャラ「人面石くん」のパンを購入することができます。人面石とは、原の辻遺跡で発掘された人の顔をした石。パッと見、石の色をしているので堅いのかと思いきや、とっても柔らかい。購入は予約制。

    営業時間   平日9:00~18:30 /土・日8:00 ~18:30
    水曜定休

    • 住所:  長崎県壱岐市石田町本村触
    • 電話番号:  0920-44-5667
  • 車で約15分
    Spot 31
    16:00着  
    壱岐空港

    ORCの窓から見る壱岐

    ORCの中からは、楽しかった壱岐の島がキレイに見えます。

    • 住所:  〒811-5203長崎県壱岐市 石田町筒城東触1725番地
    • 電話番号:  0920-44-5167
  • ORCで30分
    Spot 32
    17:15着
    長崎空港

    長崎空港到着

    壱岐空港から30分のフライトで、長崎空港へ到着です。

    朝一番のORCオリエンタルブリッジで行くと、2日間でもゆっくり巡ることができる壱岐の島でした。

    • 住所:  〒856-0816長崎県大村市箕島町593-2
    • 電話番号:  0957-52-5555
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています