旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
目の前に広がる壮大な太古の文化と暮らし

弥生時代へタイムスリップ!?『魏志』倭人伝の島へ

エリア
壱岐  
テーマ
歴史をじっくり学ぶ  
目安
日帰り 
古くから海の交通の要衝として栄え、さまざまな大陸の文化を吸収してきた壱岐。そんな島の歴史を紐解くと、弥生時代まで遡る。そう、『魏志』倭人伝に「一支国」と記されるそれ。約2000年前の壱岐を体感する旅へ、いざ!
  • Spot 1
    10時

    約2000年ぶりに蘇った「一支国」の王都

    四方1kmに渡って広がる弥生時代の大規模な多重環濠集落。『魏志』倭人伝に記載される「一支国」の王都と特定されたことでも知られる。現在は、発掘調査に基づき、祭儀場や竪穴住居、物見櫓など、17棟の建物が再現され、当時の様子を伺い知ることができる。

    電 話 :0920-45-2065(原の辻ガイダンス)

    • 住所:  〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触1092-5
    • 電話番号:  0920-45-2065
    • 営業時間:  8:45~17:30
    • 休日:  12月29日~1月3日
  • 車3分

    弥生時代を体感!2010年3月誕生の新名所

    原の辻遺跡が見渡せる小高い丘の上に建つミュージアム。ジオラマ模型や映像などで、弥生時代の壱岐と当時の暮らしをわかりやすく紹介。実際の出土品に触れるなど、従来の常識を打ち破る展示も。故黒川紀章氏の遺作となる建物で、山の稜線をイメージさせる美しい曲線の屋根(屋上緑化)も話題のひとつ。

    • 住所:  〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
    • 電話番号:  0920-45-2731
    • 営業時間:  8:45~17:30
    • 休日:  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)

      ※GWおよび夏休み期間は無休

      ※12月29日~31日 休館
  • 車15分
    Spot 3
    13時
    味処うめしま

    この旨さ、牧場直営の壱岐牛専門店ならでは

    1310年編纂の「国牛十図」に日本一と賞賛される壱岐牛。口の中でとろけるその旨さを堪能するなら牧場直営の専門店へ。焼肉、しゃぶしゃぶ、ステーキなど、お好みのまま。マルシンやイチボと呼ばれる上質赤身を味わえる牛刺しも人気。

    • 住所:  〒811-5463長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触2604-86
    • 電話番号:  0920-45-3729
  • 車20分

    古墳館リニューアルオープン!

    島内に残る古墳は256基。うち約20基が密集する地に整備される歴史散策公園。園内には江戸時代の百姓武家の民家を移築した古民家園も。2011年2月にリニューアルオープンした「古墳館」では国史跡「壱岐古墳群」をわかりやすく展示。

    • 住所:  長崎県壱岐市勝本町布気触325番地
    • 電話番号:  0920-43-0809
    • 営業時間:  9:00~17:00
      (最終入館16:30)
    • 休日:  毎週月曜日、12月29日~1月3日
  • 車10分
    Spot 5
    17時

    1700年の歴史を誇る黄金色の名湯

    神功皇后が三韓出兵の帰路に立ち寄り、自噴している温泉を見つけたとされる湯ノ本温泉。応神天皇の産湯に使ったともされ、子宝の湯ともいわれる。敷地内から自噴する黄金色の湯は源泉100%かけ流し。浸かれば神経痛やリウマチ、皮膚病などに効用があるという。

    電 話 :0920-47-3700(壱岐市観光協会)

    • 住所:  〒811-5551長崎県壱岐市勝本町
    • 電話番号:  0920-47-3700
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています