旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
話題のお店や紅葉など、SNS映え抜群のスポット目白押し!

ふたりで過ごす秋の長崎&雲仙

エリア
長崎 島原半島(雲仙・島原・南島原)  
テーマ
異国情緒を感じる  
目安
2泊3日 
長崎と雲仙をゆっくり巡る2泊3日の旅

観光地として有名な眼鏡橋周辺は、近年オシャレなお店が続々と登場し、地元・長崎でも注目のエリア。
夜は世界新三大夜景と共に、特別なひと時を過ごせるレストランはいかが?

2日目からは雲仙・小浜エリアへ。
紅葉・グルメ・温泉を、見て食べて癒されて、長崎の旅でリフレッシュしよう!


  • JR長崎駅から路面電車蛍茶屋行きで4分、公会堂前下車、徒歩8分

    散策のスタートは眼鏡橋から

    川面に映った影と橋が円を描き「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われる眼鏡橋。

    近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を集めています。

    また、眼鏡橋から中通り商店街にかけては、カフェや雑貨などかわいいショップがあり、人気のスポットです。

    • 住所:  長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間
    • 電話番号:  095-829-1193
  • 眼鏡橋から徒歩すぐ
    Spot 2
    1日目
    「まちぶら案内所もてなしや」でほっと一息

    パンフレットやお土産を探そう

    眼鏡橋の近くにある一見、観光案内所とは思えない和モダンな外観。
    パンフレットの他、長崎県内の様々な物産品も取り揃えられ、特に長崎県産酒の種類はピカイチ!全国的にも人気の波佐見焼も豊富に取り揃えられています。
    飲食類の持ち込み可能な無料休憩スペースも設けられており、散策途中にほっと一息できるスポットです。

    ■営業時間 10:00~19:00
    ■定休日  不定休

    まちぶら案内所もてなしやホームページ

    • 住所:  長崎県長崎市魚の町6-24野上ビル1階
    • 電話番号:  095-895-5171
  • 徒歩1分
    Spot 3
    【1日目】
    ひとやすみ書店

    毎日変わる店先の看板の一文にグッとくる!

    レトロなビルの1室にある小さな本屋さん。小さな空間だからこそ、一冊一冊の本の存在感が際立ち、ついつい手に取ってみたくなります。
    店先の黒板は、毎日日替わりで店主による厳選した本の一文が手書きで紹介されており、楽しみにしているファンも多い。
    店内では、購入した本とともにコーヒーなども楽しめます。

    ■営業時間 11:00~20:00
    ■定休日  水曜

    ひとやすみ書店Facebookページ

    • 住所:  長崎県長崎市諏訪町5-3-301
    • 電話番号:  095-895-8523
  • 徒歩1分
    Spot 4
    1日目
    カフェ「Bridge」・チョコレートハウス「Spectacle」

    オシャレな友達にあげたいお土産

    眼鏡橋の架かる中島川沿いに佇むカフェ&チョコレート専門店
    プレートからスイーツまで揃う多彩なカフェメニューにはカステラを使ったフレンチトーストなど長崎らしいエッセンスが盛り込まれ、見た目も味も引き込まれます。

    併設のチョコレート専門店「スペクタクル」では、ハウステンボス内の自社工房でつくられる工房メイドのチョコレートが
    オリジナルパッケージで販売されています。

    長崎ハタや夜景など長崎らしいオリジナルパッケージ
    どのデザインをどの人にあげようか・・・お土産選びも楽しい。

    ■営業時間 10:00~20:00
    ■定休日  不定休

    カフェ「Bridge」・チョコレートハウス「Spectacle」ホームページ

    • 住所:  長崎県長崎市魚の町7-17みやまビル1F
    • 電話番号:  095-895-5071
  • 賑橋から路面電車(石橋行乗車)利用20分、大浦天主堂下下車、徒歩7分
    Spot 5
    【1日目】

    長崎港の大パノラマを見下ろす絶景、南山手の丘に位置する長崎ロマンの地

    「グラバー園」は、 国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。
     
    園内は長崎独特の坂の地形のため、動く歩道、エスカレーターを設け、壁泉・石畳による回遊道路をめぐらし、異国情緒あふれる観光名所としてたくさんの人々に親しまれ、年間100万人以上の観光客が訪れています。

    長崎港、稲佐山をはじめとする緑したたる山々、人々の息づかいが感じられる街並み。偉人たちも魅せられた絶景が広がるとびきりのビュースポットでもあります。

    特に、旧三菱重工造船所第2ドックハウスのベランダからの景観は圧巻で港内を行き交う船の音が間近に聞こえてくる旧リンガー住宅前庭や、旧グラバー住宅前からの景色もオススメです。

    また園内には至る場所に花々が配され、いつ訪れても四季折々の花々を愛でる喜びを味わうことができます。

    夜のグラバー園は、昼間とは違うロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

    夜の観光として、7月中旬から10月初旬夜間開園を実施し、旧グラバー住宅をはじめとした洋館群がライトアップされます。

    園内にあるハートストーンは「カップルでこの石に手を重ねると幸せになれる」「この石に触れて願いごとをすれば恋が叶う」などいずれも恋愛に関する伝説を持ち、パワースポットとして人気急上昇中です。

    ◆Googleストリートビューでグラバー園をバーチャル体験してみよう!

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町8-1
    • 電話番号:  095-822-8223
    • 営業時間:  8:00~18:00(通常期間)
      ※夜間ライトアップ8:00~21:00(4月27日~5月5日・12月22日~12月25日)、8:00~21:30(7月19日~10月9日)

      ※入園受付終了時間は、閉園の20分前となります
    • 休日:  年中無休
  • 長崎駅から車で15分■ロープウェイでいく場合「長崎駅前バス停」より長崎バス3・4番系統(下大橋、上小江原、相川行)乗車、淵神社下「ロープウェイ前バス停」下車。ロープウェイで約5分。

    稲佐山展望台・ひかりのレストラン

    長崎の夜景は2012年に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれました。
    2015年には、神戸、札幌と共に「日本新三大夜景」にも選ばれています。
     
    稲佐山から眺める夜景は、「1,000万ドルの夜景」と称されるほど美しく、一見の価値あり!です。
    平成23年4月には展望台がリニューアルオープンし、床に散りばめられた照明による光の空間が、ロマンティックな雰囲気を演出しています。

    また、展望台にある「ひかりのレストラン」からは、ガラス張りの室内で夜景を前に 長崎ならではのお食事メニューを楽しむことができます。
    夜景を見ながらいただくお食事は特別なひと時になること、間違いなし!

    • 住所:  長崎県長崎市稲佐町
    • 電話番号:  095-822-8888
    • 営業時間:  展望塔:8:00~22:00
      ※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放) 
      稲佐山展望駐車場 24時間営業
      長崎ロープウェイ 営業時間:9:00~22:00
  • Spot 7
    1日目
    【宿泊】泊まるホテルも夜景にこだわる!

    稲佐山周辺には夜景を楽しめるお宿がたくさんあります。
    お部屋でゆっくり夜景観賞を楽しみながらおくつろぎください。

    夜景が楽しめるお宿はこちらから

  • 長崎駅から車で70分

    小浜温泉足湯 ほっとふっと105

    小浜温泉に日本一長い足湯が誕生しました。
    今最も注目されている、『健康』や『食』に対する
    新しいスタイルの発見と可能性に満ちた、魅力あるスポットです。

    【湯棚】100℃を超える豊富な源泉が湯棚を流れ落ち、立ち上がる湯けむりは大迫力。
    【蒸し釜】雲仙市の新鮮な海の幸、山の幸を高温の蒸気で蒸して食べることができます。
    【腰掛け足湯】橘湾に沈む夕日を眺めながら足湯が楽しめます。
    【ウォーキング足湯】足湯の底に埋め込まれた小石が、足裏のツボを刺激してくれます。
    【ペット足湯】愛犬と一緒に足湯を楽しめるスペースもあります。
     

    • 住所:  長崎県雲仙市小浜町北本町905-70
    • 電話番号:  0957-74-2672
    • 営業時間:  【4月~10月】8:30~19:00(蒸し釜 18:30まで)
      【11月~3月】8:30~18:00(蒸し釜 17:30まで)
    • 休日:  1月4日、5日、荒天時、源泉清掃日など
  • 徒歩3分
    Spot 9
    2日目
    ランチに蒸し釜料理

    蒸し釜や

    小浜で獲れた新鮮な魚貝類、野菜をはじめ旬の海産物・産物をふんだんに取り揃え、蒸し釜で蒸して食べることができる新しいタイプの飲食店です。
    海産物、野菜にデザートまで。豊富な素材の中からどれを選ぼうか迷っちゃう。

    • 住所:  長崎県雲仙市小浜町マリーナ19-2
    • 電話番号:  0957-75-0077
  • 車で35分

    仁田峠

    春には峠にツツジが咲誇り、夏の緑、秋の紅葉、冬の霧氷と四季を通じて雲仙観光のメッカとなっている。仁田峠から妙見山頂へロープウェイが運行し、仁田、妙見の展望ラインをなしている。
    峠へは全長11.3キロメートルのスカイラインが通じ、途中、杉、桧の樹林を縫い、有明海、橘湾の海洋美や九重連山の展望を楽しみながらのドライブはきわめて快適である。
    また途中の第2展望所からは、平成新山をま近に見ることが出来る。

    • 住所:  〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙
    • 電話番号:  0957-73-3434
  • 車で10分
    Spot 11
    【2日目】

    昔ながらの“純一枚”手焼き湯せんぺい

    一丁 3kgもある 金型に生地を流し込み、一枚一枚丁寧に焼き上げる、
    昔ながらの“純一枚”手焼き湯せんぺいの遠江屋本舗では、
    店頭にて実演を行っております。

    事前に予約すれば体験(期間限定)も受付けております。
    焼きたての湯せんぺいは格別のおいしさです。

    ●体験料:1000円 (小学校高学年以上より)
    ●実施期間:3・4・5月/9・10・11月のみ

    • 住所:  〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙317
    • 電話番号:  0957-73-2155
    • 営業時間:  8:30~22:00
    • 休日:  不定休
  • Spot 12
    【2日目】

    大自然の中で美肌の湯を満喫

    日本最初の国立公園に指定された雲仙温泉は、元来「温泉」と書いて「うんぜん」と読まれていた歴史を持つ地域です。
     
    泉質は硫黄泉で、湿疹やしもやけ、切傷などの皮膚病全般に効果があります。
    また美肌効果もあり「美肌の湯」としても人気があります。
     
    雲仙温泉街には大自然の中に調和する数々のホテル・旅館があり、どのホテル・旅館からも、四季折々に表情を変える景観を楽しめます。

    雲仙温泉のお宿比較はこちらから


    • 住所:  〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙320
    • 電話番号:  0957-73-3434
  • Spot 13
    【2日目】

    雲仙地獄のナイトツアー

    昼間とはまったく違う表情を見せる、夜の雲仙地獄。暗闇の中ライトを持って進んで行くと、昼間は気づかない「音」が聞こえて・・・。参加した人だけが地獄の秘密を知ることができるかも?!

    • 住所:  長崎県雲仙市

    雲仙地獄めぐり

    雲仙温泉を代表する観光名所・地獄温泉。 硫黄の香りが立ち込め、地の底から吹き出す蒸気と熱気が辺り一面を覆い尽くす光景は、まさに地獄そのもの。ここはキリシタン殉教の舞台になったところでも知られ、殉職碑も建てられています。
    大叫喚地獄やお糸地獄、清七地獄など30あまりの地獄からなり、さまざまな哀史や伝説を今に伝えています。
     
    2016年秋にリニューアルされ、今までの「見る地獄」から「体感する地獄」へと生まれ変わりました。
     地獄内は遊歩道が整備されており、約60分ほどの地獄めぐりの途中には、新しく整備されたスポットがあり、雲仙地獄を五感で楽しむことができます。
     
    ・足を置くと地熱や噴気を体感できる休憩所
      「雲仙地獄 足蒸し(あしむし)」
    ・地獄の蒸気を使って蒸しあげている名物温泉たまごを販売している
     「雲仙地獄工房」
    ・周辺の地獄を見学しながら温泉卵を楽しめる
     「雲仙地獄見台」(兼休憩所)
     
     

    • 住所:  長崎県雲仙市小浜町雲仙
    • 電話番号:  0957-73-3434
  • 車で10分

    三十路苑

    雲仙は紅葉する植物が120種類を越え、国の天然記念物に指定。
    10月下旬頃から色づき始め、自然が織り成す圧巻の色彩が雲仙を彩ります。

    三十路苑は六兵衛茶屋の経営者が、8,000坪の自宅裏山にもみじを植えだしたことが始まり。
    30年余りたった現在は、広大な敷地で鮮やかな紅葉を楽しめます。

    夜はライトアップされ、幻想的な世界が広がります。

    ◆2017年の公開予定
      2017年11月20日(月)~12月上旬
      料金 昼、夜問わず大人500円(4人以上の場合は、一人400円)
      開園時間 9時00分~21時30分

    • 住所:  長崎県雲仙市小浜町南木指
    • 電話番号:  090-3607-3852
  • 車で10分
    Spot 16
    3日目
    海辺で本格ジェラートを堪能!

    オレンジジェラート

    小浜温泉で人気のじジェラート屋さん。
    搾りたてミルクと新鮮なフルーツや野菜で作った色とりどりのジェラートが並びます。

    人気NO.1は小浜産のミルクと小浜の天然塩で作った「小浜の塩ミルク」

    温泉や足湯に浸かった後やドライブ途中に、冷たいジェラートでほっと一息、美味しい休憩をお楽しみください。

    • 住所:  雲仙市小浜町マリーナ20-3
    • 電話番号:  0957-75-0883
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる