旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
世界遺産登録を目指す旧野首教会へ

福岡からの船旅「小値賀島&野崎島」をめぐる島旅

エリア
五島列島  
テーマ
世界遺産を訪ねる 大自然に親しむ  
目安
1泊2日 
五島列島の北端に浮かぶ小さな島、小値賀島。このコースでは、夜中に博多港を出発し、朝から小値賀島の一部である野崎島へ渡ります。現在は無人島となっていますが、長崎のキリスト教関連遺産のひとつ「旧野首教会」がある島で、小値賀島とともに豊かな自然を満喫できます。帰りには佐世保市街地で、名物グルメをご堪能ください。
  • Spot 1
    【1日目】23:45発
    博多港

    福岡・博多港から小値賀へ

    博多発のフェリーは夜行便。夜乗ると、翌朝4時40分に小値賀港に到着します。フェリーは個室もあり、ゆったりとした空間で移動できます。小値賀に到着したら小値賀港ターミナル内の仮眠室で休憩してから活動を開始するのがオススメです。目指す野崎島には飲食店や売店がないので、昼食は持参しましょう。

    野母商船 運行状況、予約・問い合わせ:TEL092-291-0510

  • Spot 2
    【1日目】8:00
    小値賀港

    町営船はまゆうで野崎島へ

    世界遺産登録を目指す「旧野首教会」がある野崎島へは、小値賀島から渡航できます。1日2便運行されている町営船「はまゆう」に乗って出発。
    約35分後、現在は無人島となり、シカたちが暮らすという野崎島に上陸です。 
     

    ○料金(片道)大人 500円 小人(小学生以下)250円 

  • Spot 3
    【1日目】8:10

    野崎島のディープな魅力を知る

    野崎島の歴史や自然にふれるプチトレッキングガイドツアー。 旧野首教会をはじめ、野崎集落や野生の鹿が群れる赤茶けた大地、高台から眺める白砂の浜など、なかなか目にすることのない風景に出あえます。  ※昼食は持参のお弁当
    ○料金4,000円(税抜)小学生以下は2,000円(税抜)※未就学児は無料 
    ○事前予約制(基本7日前まで/リクエストの後、予約可否を連絡) 

    • 住所:  長崎県北松浦郡小値賀町
  • Spot 4
    【1日目】15:10発
    野崎港

    町営船で再び小値賀港へ

  • Spot 5
    【1日目】16:00
    レンタサイクル

    チェックインを済ませて島内散策へ

    小値賀の旅館・民宿は全部で9軒。とってもアットホームな宿ばかりです。観光のほか、島に仕事で来島される方も多く利用されています。
     
    チェックインを済ませた後、おぢかアイランドツーリズムでレンタサイクルを!島をのんびり自転車でめぐりながら、美しい景色や島の暮らしを肌で感じてみませんか。 島には険しい坂はありませんが、アップダウンがつづきます。島内を散策するには、レンタサイクルがおすすめです。 
    ○レンタル場所:小値賀港フェリーターミナル ※事前予約は出来ません。先着順となります。 
    ○料金 6時間ごとに500円(電動自転車の場合は6時間ごとに1,000円) 

    • 住所:  〒857-4701長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2791-13
    • 電話番号:  0959-56-2646(おぢかアイランドツーリズム)
  • Spot 6
    【1日目】16:30

    白い鳥居から眺める自然の神秘

    「ポットホール」は北東端にある玉石鼻にある国指定天然記念物。出入りする海水の勢いで玉石が回転することで周囲の岸壁を削り取り、今もなお甌穴を掘り下げています。ここからの夕焼けは、思わずシャッターを切りたくなるほどの絶景です。

    • 住所:  〒857-4707長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷
    • 電話番号:  0959-56-2646
  • Spot 7
    【2日目】9:00~
    小値賀島散策

    佐世保港へ向かう前に島内を散策

    高速船の時間まで、散策&買い物を楽しみましょう。小値賀港フェリーターミナルにはおみやげが買える売店があります。

  • Spot 8
    【2日目】10:50発
    小値賀港

    小値賀島から佐世保港へ

    高速船に乗って約1時間30分で佐世保港に到着します。 

    • 電話番号:  095-822-9153 ( 九州商船)
  • Spot 9
    【2日目】
    名物「佐世保バーガー」

    昼食は市内のバーガー店で

    昭和25年頃、米海軍基地から直接レシピを伝え聞いたのがはじまりとされる「佐世保バーガー」。現在は佐世保流にアレンジされ、地元のソウルフードとして親しまれています。

    • 住所:  〒857-0863長崎県佐世保市三浦町21-1
    • 電話番号:  0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています