旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
五島列島に点在する世界文化遺産の構成資産の集落を巡る

公共交通機関でめぐる“長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産” 五島列島編

エリア
五島列島  
テーマ
世界遺産を訪ねる  
目安
2泊3日 

  • Spot 1
    1日目

    長崎空港から五島福江空港へ

    長崎-五島福江フライト情報(外部リンク:長崎空港)

    • 住所:  〒856-0816長崎県大村市箕島町593番地
  • 航空機で30分
    Spot 2
    福江空港

    30分で福江空港に到着

    福江空港より、路線バスで福江港へ

    問:五島バス Tel.0959-72-5191
    空港からのバス時刻についてはこちら

    • 住所:  〒853-0013長崎県五島市上大津町2183
  • バスで約10分

    福江港周辺で昼食

    五島列島の表玄関口としての役割を担う福江港。
    島間の移動も船の乗り換えなしでスムーズにめぐることができます。
    昼食は港周辺の飲食店で

    〇12:40集合/13:00発 ※毎週土・日・祝
     「五島列島キリシタン物語~縦断クルーズ編~
                を利用しての教会めぐり

    • 住所:  〒853-0015長崎県五島市東浜町2-3-1
    • 営業時間:  通常 6時30分~20時30分まで
      ※繁忙期は時間が異なります
  • 海上タクシーで約25分

    教会めぐりのスタートは、旧五輪教会堂から

    1881(明治14)年建立の旧浜脇教会堂が1931(昭和6)年の建替えのとき、五輪地区に移築された。この旧教会堂が老朽化で解体される寸前、島内の仏教徒の助言によって価値が再確認され、文化財として保存された。この地区は久賀島の中でいまだに直接車で行くことができない孤島の中の孤島。教会の目の前の港に下船します。

    ◆旧五輪教会堂の見学は

    • 住所:  〒853-2172長崎県五島市蕨町五輪
    • 電話番号:  0959-72-7800
  • 海上タクシーで約15分
    Spot 5
    奈留港

    海上タクシーで奈留島へ到着

    奈留港から江上天主堂までは、専用車で向かいます。


    • 住所:  長崎県五島市奈留町泊198-11
  • 専用車で約20分

    林に佇む可愛らしい教会

    江上は1881(明治14)年、西彼杵郡などより移住した4家族が洗礼を受け、教会がはじまったという。1918(大正7)年、50戸あまりの信徒が共同として地引網で資金をつくり、現教会堂を建てた。手描きの木目の柱や手描きされた花の絵の窓ガラスに、信徒の苦労の結晶を見る。

    ◆江上天主堂の見学は

    • 住所:  〒853-2201長崎県五島市奈留町江上奈留町大串1131
    • 電話番号:  0959-64-3111
    • 営業時間:  1週間前に下記に連絡すること
    • 休日:  月曜日定休(月曜日が祝日の場合は対応可。翌平日休み)
  • 専用車で約20分
    Spot 7
    15:20~
    奈留港

    奈留島を離れ上五島へ

    若松港へ向かう途中で、キリシタン洞窟へ

    • 住所:  〒853-2203長崎県五島市奈留町泊198-11
  • 海上タクシーで約10分

    船でしか行くことができない上五島巡礼の聖地

    若松島の里ノ浦のキリシタンは、明治初めの五島崩れの際、迫害を避けて船でしか行けない険しい断崖の洞窟に隠れたが、焚き火の煙を船に見つけられて捕縛され拷問を受けた。 この洞窟は後にキリシタンワンドとよばれ、1967(昭和42)年入口に十字架と3mのキリスト像が設けられた。

    • 住所:  〒853-2301長崎県南松浦郡新上五島町若松郷船のみ巡礼可能
    • 電話番号:  0959-42-0964
    • 営業時間:  特にないが、夜間は避けた方が賢明
    • 休日:  特になし
  • 海上タクシーで約20分
    Spot 9
    16:15
    若松港

    上五島 若松港へ到着

    青方バスセンターを経由して五島うどんの里へ

    • 住所:  〒853-2301長崎県南松浦郡新上五島町若松郷
  • 専用車で45分
    Spot 10
    17:00

    日本三大うどんの一つ「五島手延うどん」の魅力を五感で味わう施設

    上五島の代表的な特産品「五島手延うどん」の魅力を満喫できるスポットです。
    お食事処「うどん茶屋 遊麺三昧」や特産品がズラリと揃う「観光物産センター」も隣接しています。





    • 住所:  〒857-4211長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
    • 電話番号:  0959-42-2655
    • 営業時間:  8:30~17:00(うどん茶屋は11:00~14:00)
    • 休日:  年末年始
  • タクシー約20分 ※宿泊施設の送迎の場合もあり。要確認

    長崎県 五島列島 上五島にあるリゾートホテル

    海をのぞむ高台にある、五島列島リゾートホテルマルゲリータ。
    夕日と朝日が見られる温泉もここならでは。

    五島列島リゾートホテルマルゲリータ
     
    ◆新上五島の宿泊予約はこちらから

    • 住所:  〒857-4601長崎県南松浦郡新上五島町小串郷1074
    • 電話番号:  0959-55-3100
  • Spot 12
    2日目

    2日目は「五島列島キリシタン物語 上五島編」を利用して新上五島町を巡ります。

    「五島列島 キリシタン物語~上五島編~」午前発コース
     出発日:毎週 木・金・土・日
     五島うどんの里9:20集合/9:40発



    • 住所:  〒857-4211長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
    • 電話番号:  0959-42-2655
    • 営業時間:  8:30~17:00(うどん茶屋は11:00~14:00)
    • 休日:  年末年始
  • 専用車

    旧教会の正面入口の鐘棟は、浦上天主堂の被爆レンガが使用されている。

    外海の出津から移住して来たキリシタンの子孫にはじまる集落で、五島崩れで迫害を受けた。1880(年ブレル神父が赴任して上五島の司牧の拠点となる。1903年建立の教会の老朽化により、1979年、旧教会の下の幼稚園跡地に新教会が建てられた。旧教会は終戦間近、海軍に接収された。戦後、復員などで手狭になり、1949年に増築した。このとき、レンガ造の塔が正面につけられた。旧浦上天主堂の被爆レンガを一部使用している。 

    • 住所:  〒853-3321長崎県南松浦郡新上五島町鯛之浦郷326
    • 電話番号:  0959-42-0964
    • 休日:  特になし
  • 専用車で約30分(上五島空港でパーク&ライド)

    西日本では珍しい石造りの教会

    1軒をのぞいて皆キリシタンだったという頭ヶ島。 五島崩れの時、信徒は牢から全員逃げ出して島を離れ、迫害が終わってからこの地に戻ってきた。 頭ヶ島天主堂は、鉄川与助の設計施工によって建設され、近くの石を切り出して、1917年に完成し、2年後の1919年にコンパス司教により祝別・献堂された。
    2001年に国の重要文化財に指定。
    世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「頭ヶ島の集落」にある石造りの天主堂。

     
    ※平成30年4月1日から頭ヶ島天主堂のある白浜地区への入場は、上五島空港でシャトルバスに乗り換えてからご入場していただくことになりました。

    教会見学に当たってのお願い
    頭ヶ島天主堂の見学は(個人・団体問わず)事前連絡が必要です。
    ♦TEL 095-823-7650/FAX 095-895-9690
    ♦対応時間:9:30~17:30
    ※ホームページでも受け付けています。

    • 住所:  〒857-4102長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
    • 電話番号:  0959-42-0964
    • 営業時間:  なし

    特産品がズラリと揃う

    新上五島町でのお土産はこちらで。

    また、レンタサイクルを貸出ております。
    電動アシスト自転車で上五島をラクラク観光しませんか?

    • 住所:  〒857-4211長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
    • 電話番号:  0959-42-2655
    • 営業時間:  8:30~17:00(うどん茶屋は11:00~14:00)
    • 休日:  年末年始
  • Spot 16
    五島うどん

    五島うどんは必食!

    日本三大うどんでもある、五島手延べうどん。
    アゴ出汁や溶き卵でいただく、「地獄炊き」は新上五島ならでは。
    有川港周辺でいただきましょう!

  • 車で約5分

    見ているだけで気分はリゾート

    遠浅の砂浜が500mほど続く中通島最大のビーチ。白い砂浜とコバルトブルーの海と青空が、癒してくれます。

    • 住所:  〒857-4211長崎県南松浦郡新上五島町七目郷 蛤
    • 電話番号:  0959-42-0964
  • 専用車で約15分
    Spot 18
    14:15/14:45

    県指定重要文化財のレンガ造りの教会

    外海地方の出津・黒崎・池島などから移住してきたキリシタンの子孫が住むという。 1916年、鉄川与助の設計施工で現教会が建てられた。 旧教会は若松島の土井ノ浦に移築されている。 現在の教会は、レンガ造りの重層屋根構造、内部は3廊式でリブヴォールト天井をもち、外壁にはれレンガの凹凸や色の違いを用いた装飾が行われている。    

    • 住所:  〒857-4404長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
    • 営業時間:  特になし
    • 休日:  特になし
  • 車で15分

    国指定重要文化財に登録されたレンガ造りの教会

    青砂ヶ浦にいつごろからキリシタンが住んだか不明だが、1878年頃には初代教会があったという。1899年から青砂ヶ浦が上五島の中心の教会となった。
    1910年建立の現教会は、鉄川与助設計施工によるもので、信徒が総出でレンガを運びあげた3代目の教会となり、2001年に国指定重要文化財、2010年に献堂100周年を迎えた。

    • 住所:  〒857-4402長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
    • 営業時間:  特になし
    • 休日:  特になし
  • タクシーで移動 ※宿泊施設の送迎の場合もあり。要確認
    Spot 20
    新上五島町内泊

    ご予約の宿泊施設へ

    ◆新上五島の宿泊予約はこちらから
     

  • Spot 21
    3日目
    有川港

    上五島(有川港)から小値賀港へ

    ◆小値賀町へのアクセス・時刻表はこちら

  • 定期船で45分
    Spot 22
    8:00着
    小値賀港

    五島列島の最北端の島・小値賀町へ

  • 徒歩
    Spot 23
    小値賀島内観光

    小値賀島内をまち歩き

    五島列島の最北端の島・小値賀町。日本の原風景に出会える島として、日本だけでなく世界中から人が訪れています。2009年10月、NPO法人「日本で最も美しい村連合」により小値賀町が「日本で最も美しい村」に認定されました。何気ない景色、人々の笑顔、島全体にぬくもりがあふれる豊かで美しい島々。ありのままの姿が訪れる人を魅了します。

    小値賀港ターミナル内には、レンタサイクルもあり
    問:
    おぢかアイランドツーリズム TEL:0959-56-2646
    ◆島内のアクセスはこちら

  • 徒歩
    Spot 24
    10:35/10:45
    小値賀港

    野崎島へ海上タクシーで移動

    野崎島海上タクシー
    料金:25,000円

    ◆小値賀町から町内の離島にわたる定期船あり
     詳しくはこちら

  • 海上タクシーで約20分
    Spot 25
    11:05
    野崎島野首港

    野崎島へ到着

  • 徒歩約10分
    Spot 26
    11:15/12:30

    野首&舟森集落跡

    かつては潜伏キリシタンの集落が2つあった野崎島。1971年、島民の集団移住により無人島となったが、教会・集落が良好な状態で残っています。


    ◆旧野首教会の見学は
    おぢかアイランドツーリズムへの事前連絡が必要です。


    野崎島散策後は、野崎島野首港より海上タクシーで小値賀町本土へ
     

    • 住所:  〒857-4701長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷野首
    • 電話番号:  0959-56-2646
  • 海上タクシーで約20分
    Spot 27
    小値賀港

    小値賀港より佐世保へ

    小値賀港から佐世保港へは、高速船とフェリーが運航しています。
    ◆九州商船HP

  • 高速船で1時間30分~50分、フェリーで2時間35分~3時間10分
    Spot 28

    軍港の町佐世保の海の玄関口


    • 住所:  長崎県佐世保市
    • 電話番号:  0956-22-6630
  • 佐世保港から徒歩で約5分
    Spot 29
    佐世保バスセンター

    長崎空港への直行バスで

    長崎空港までのバス時刻表はこちら

  • 高速バスで約1時間45分
    Spot 30

    3日目終了

    お疲れさまでした!

    • 住所:  〒856-0816長崎県大村市箕島町593番地
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる