旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
波乱万丈の人生を力強く生きた女性・蝶々さん。そんな名作のロケ地とは

ドラマ「蝶々さん」ロケ地さるく&モデルコース

エリア
長崎  
テーマ
映画・テレビのロケ地へ  
今も世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人(マダムバタフライ)」。今回のドラマでは、世界で最も有名な日本人ヒロインとも言える「蝶々さん」の人生を、巨匠・市川森一氏が出身地である長崎を舞台とし、新たによみがえらせました。明治初期という時代に、士族の娘として生まれた主人公・伊東蝶。維新の世で身を立てていけるよう幼少の頃から熱心な教育を受けますが、両親を亡くして一転、舞妓となり波乱の人生を歩み始めます。新世界・アメリカに夢を抱きアメリカ海軍士官のフランクリンと出会って恋に落ちて、やがて出産。時代の波に翻弄されながらも、士族の娘としての誇りを失うことなく、力強く人生を生き抜くひとりの女性・蝶々さんの殉じた道とは・・・。名作ドラマ「蝶々さん」のロケ地をめぐってみましょう!

    長崎へようこそ!!

    長崎県長崎市尾上町にある、九州旅客鉄道の駅。
    長崎県の県庁所在地、長崎市の中心駅であり、長崎本線の終着駅でもある。

    ◎みどりの窓口(乗車券・指定券・割引きっぷ・定期券など) 営業時間 5:40~22:00 年中無休

    ◎JR九州旅行 長崎支店 (国内旅行・海外旅行・航空券など) 営業時間 平日10:30~19:00 土日祝10:30~18:00 年中無休
    ※年末年始営業なし インターネット予約取扱い 5:40~23:20 きっぷの受取り可能  電話番号095-822-0063

    • 住所:  〒850-0058長崎県長崎市尾上町1
    • 電話番号:  095-822-0063
  • 車で約5分
    Spot 2

    興福寺、崇福寺、福済寺とともに「唐四カ寺」または「長崎四福寺」と呼ばれて広東寺と呼ばれたこともあります。

    1677年木庵の法子・鉄心道胖により創立され、寺の創建については鉄心の母方である唐通事・西村家から多大の寄付がありました。 1694年西村作平次により寄進され、1718年改鋳された梵鐘は鉄心の大鐘として有名です。1780年長崎異変のときには、佐賀鍋島藩が陣所として使用することを認め、1836年には境内の四休庵を遠見番所として使用する許可を与えました。1805年以降は異船襲来の場合、大鐘の左右につけた両撞木で早鐘をつくことになりました。 山門、天王殿、大雄宝殿は県文化財に、惜字亭、石門、梵鐘、黄三禅師次韻は市文化財に指定されています。境内には「ジャガタラお春の碑」「団十郎供養碑」「鉄心椿」などがあります。 ここでは、「唐寺の茶屋」と「天后堂」の設定でフランクリンが蝶々さんに、アメリカに戻るが必ず戻ると約束するシーンを撮影。夜のロケがあったため、スタッフさんたちは何度も石段を往復して重い機材を 搬入。たくさんのライトを使って幻想的なシーンに仕上げていました。翌日は、フランクリン夫婦が中国式参拝をする唐寺の設定でロケが行われました。孔子廟からお借りした椅子とテーブルが置かれ装飾が施されたお堂は、夜のロケとは全く別の顔を見せていました。

    • 住所:  〒850-0053長崎県長崎市玉園町3番77号
    • 電話番号:  095-823-0282
  • 車で約5分
    Spot 3

    長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。

    創建は寛永2年(1625)で、当時はキリスト教が広まり他教を排斥したため、市内の社寺は破壊されることが多く、肥前唐津の青木賢清が長崎奉行・長谷川権六に願い出て造営したものです。そして、寛永9年(1632年)青木が初代宮司になり、同11年(1634)から祭礼を行うようになりました。 現在も続くこの秋の大祭・長崎くんちは、豪華絢爛・異国情緒たっぷりな祭りとして日本3大まつりの1つに数えられています。 現在の社殿は火災のため消失し、明治元年(1868)に復旧されたものです。楼門からの70余段つづく石段は見事なものであり、くんちのときは見物客でうまります。和洋中の文化が混在した長崎にあって、日本的な風情のある地域の1つです。 軍艦に乗って長崎にやってきたアメリカ海軍フランクリン少尉と恋に落ちる蝶々さん。 出会った二人が初めてデートするシーンを諏訪神社で撮影しました。秋草柄の浴衣に白い日傘を持った蝶々さんの姿は、透明感あふれる初々しささえ漂う美しさ。 胸がキュンと締め付けられるようなこの甘いシーンが印象に残った方も多いことでしょう。長崎の総氏神であるこの諏訪神社から二人の歴史が幕を開けるのです。

    • 住所:  〒850-0006長崎県長崎市上西山町18-15
    • 電話番号:  095-824-0445
  • 車で15分

    異国情緒あふれる東山手に位置し、外国人居留地一帯の坂道

    東山手洋風住宅群など、異国情緒あふれる東山手に位置しており、近隣には日本で最初の女学校である活水学院・洋風住宅7棟があります。出島に住むオランダ人の影響か、開国後も長崎の人々は東洋人以外を「オランダさん」と呼んでいた為、当時「オランダさんが通る坂」という意味で居留地にある坂はすべてオランダ坂と呼んでいたと考えられています。現在は、主に活水学院下の坂、活水坂、誠孝院(じょうこういん)前の坂がオランダ坂と呼ばれています。

    • 住所:  長崎県長崎市東山手町
    • 電話番号:  095-822-8888
  • 歩いて約5分

    市指定有形文化財・7棟の木造洋館群

    明治20年代後半頃に建築されたこれらの木造洋館は、狭小な宅地に密集した形で7棟の建物が建ち、内外とも意匠・仕上げが質素、構造上各棟がほぼ同一なことから、社宅または賃貸住宅として計画的に建設されたのではないかと推定されている建物です。昭和58~63年(1983~88)にかけて改築されました。現在6棟は居留地時代の様子を写真・ビデオで解説する東山手地区町並み保存センター、古写真・埋蔵資料館、国際交流の場・ワールドフーズレストラン東山手「地球館」として活用されています。 ロケ時は愛する息子・襄を奪われ、絶望する蝶々さんのシーンを撮影。雨の中、途方に暮れるこのシーンに涙した人も多いはず。この雨のシーン、実は大変な苦労のもとで実現したもの。小さなタンクに水を溜めて、文化財の建物の2階に雨降らし用の 装置を設置するという、大がかりなロケになりました。普段とはまったく違う東山手洋風住宅群の風景に、地元のみなさんは新鮮な驚きを感じていたようです。

    • 住所:  〒850-0911長崎県長崎市東山手町6番25号ほか
    • 電話番号:  095-829-1193
    • 営業時間:  9:00~17:00(古写真資料館・埋蔵資料館)
    • 休日:  月曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
  • 歩いて約10分

    世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台

    幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会。聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもある。

    直前に列聖されたばかりの日本二十六聖人に捧げられた教会で、正面は殉教の地である西坂に向けて建てられている。

    設計指導者はフランス人宣教師のフューレ、プティジャンの両神父で、施工は天草の小山秀之進(のちに、「秀(ひいで)と改名」)。1864年末に竣工し、翌年2月に祝別された。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となった。


    1875年と1879年の増改築により、平面形式と外観デザインも変容し、外壁も木造からレンガ造に変更されたが、内部空間の主要部には創建当初の姿が保存されている。

    また1933年に国宝となるが原爆で被害を受け、1953年、日本最古の現存教会建築として国宝に再度指定された。


     

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町5-3
    • 電話番号:  095-823-2628
    • 営業時間:  8:00~18:00(入館は17:45まで)
  • 歩いて約5分

    長崎港の大パノラマを見下ろす絶景、南山手の丘に位置する長崎ロマンの地

     「グラバー園」は、 国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。   園内は長崎独特の坂の地形のため、動く歩道、エスカレーターを設け、壁泉・石畳による回遊道路をめぐらし、異国情緒あふれる観光名所としてたくさんの人々に親しまれ、年間100万人以上の観光客が訪れています。 長崎港、稲佐山をはじめとする緑したたる山々、人々の息づかいが感じられる街並み。偉人たちも魅せられた絶景が広がるとびきりのビュースポットでもあります。 特に、旧三菱重工造船所第2ドックハウスのベランダからの景観は圧巻で港内を行き交う船の音が間近に聞こえてくる旧リンガー住宅前庭や、旧グラバー住宅前からの景色もオススメです。 また園内には至る場所に花々が配され、いつ訪れても四季折々の花々を愛でる喜びを味わうことができます。 夜のグラバー園は、昼間とは違うロマンチックな雰囲気を味わうことができます。 夜の観光として、7月中旬から10月初旬夜間開園を実施し、旧グラバー住宅をはじめとした洋館群がライトアップされます。 園内にあるハートストーンは「カップルでこの石に手を重ねると幸せになれる」「この石に触れて願いごとをすれば恋が叶う」などいずれも恋愛に関する伝説を持ち、パワースポットとして人気急上昇中です。 撮影時は、養母・マツが急死し、跡取り娘から下働きの身に転じた蝶々さんのシーンを撮影。英語を学ぶことができる女学校への進学は、一瞬にして夢と消えてしまった蝶々さん。その憧れの女学校の門前に立つシーンを撮影したのは、 長崎を代表する異国情緒を感じられる観光スポット、グラバー園。当時の女学校を再現すべく、門柱や門戸をセットしての撮影となりました。地元の外国人エキストラさん、学生のエキストラさんなどに参加していただき、皆さんは非日常的な空間を経験して楽しんでいらっしゃいました。

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町8-1
    • 電話番号:  095-822-8223
    • 営業時間:  8:00~18:00(通常期間)
      ※夜間ライトアップ8:00~21:00(4月27日~5月5日・12月22日~12月25日)、8:00~21:30(7月19日~10月9日)

      ※入園受付終了時間は、閉園の20分前となります
    • 休日:  年中無休
  • 車で約15分

    またのお越しを!!

    長崎県長崎市尾上町にある、九州旅客鉄道の駅。 長崎県の県庁所在地、長崎市の中心駅であり、長崎本線の終着駅でもある。 みどりの窓口(乗車券・指定券・割引きっぷ・定期券など) 営業時間 5:40~22:00 年中無休 JR九州旅行 長崎支店 (国内旅行・海外旅行・航空券など) 営業時間 平日10:30~19:00 土日祝10:30~18:00 年中無休※年末年始営業なし インターネット予約取扱い 5:40~23:20 きっぷの受取り可能 電話番号 095-822-0063

    • 住所:  〒850-0058長崎県長崎市尾上町1
    • 電話番号:  095-822-0063
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています