旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
 

やきもののまち 三川内散歩

テーマ
歴史をじっくり学ぶ  
目安
約6時間 
平戸藩の御用窯として技術を磨き続け400年の歴史を持つ三川内焼の皿山を巡ります。

    JR日本最西端の駅

    佐世保観光情報センターも駅構内にあります。

    • 住所:  〒857-0863長崎県佐世保市三浦町21-1
    • 電話番号:  0956-22-7115
    • 営業時間:  平日・土曜 10:00~18:00 (日曜・祝日休業)
  • 車で25分

    三川内焼古美術の逸品と、400年の伝統を受け継ぐ現代三川内焼の数々を展示。

    三川内焼伝統産業会館には、江戸期から明治期にかけての貴重な白磁の作品と、名窯元競演による現代作家のコーナーがあり、伝統工芸士たちの作品も多数展示されています。
    一般に、古平戸といわれる三川内焼古美術の逸品と400年の伝統を受け継ぐ現代三川内焼の秀作の数々が展示されています。
    館内では、楽焼(絵付け)や透かし彫り体験ができます(有料)。
     

    • 住所:  〒859-3151長崎県佐世保市三川内本町343
    • 電話番号:  0956-30-8080
    • 営業時間:  9時00分~17時00分
    • 休日:  年末年始(12月29日~1月3日)
  • 車で5分

    窯元見学→昼食(郷土料理平戸寿司を平戸松山窯の手描きの器で)→皿山散策

    九州地方で陶磁器の生産地を指す、「皿山」。三川内・江永・木原の三つに製陶所を作ったことが三川内皿山の起こりです。現在、三川内皿山には数多くの窯元があり、みかわち焼の伝統を受け継いでいます。

    • 住所:  〒859-3155長崎県佐世保市三川内町
    • 電話番号:  0956-22-6630
  • 車で5分

    陶磁器から銘菓まで揃う大型物産館

    佐世保の「よかもん」「うまかもん」を一堂に取り揃えた物産センター。農産物や加工産品、銘菓や三川内焼の陶磁器など佐世保ならでわの特産品約800点のほか、九十九島の美しい海でとれた新鮮な海産物なども揃っています。お土産や、贈り物選びに最適です。
     

    • 住所:  〒859-3151長崎県佐世保市三川内本町289-1
    • 電話番号:  0956-30-7744
    • 営業時間:  9:00~18:00
    • 休日:  不定休
  • 車で25分
    Spot 5
    JR佐世保駅

    • 住所:  長崎県佐世保市三浦町21-1
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています
閉じる 閉じる