旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
オランダとの貿易で栄えた異国情緒あふれる城下町

平戸街歩き・大航海貿易の道

エリア
平戸・松浦  
テーマ
地元ガイドとめぐる旅  
目安
2~3時間 
早くから外国との交流が盛んに行われ、貿易港として繁栄した平戸。平戸ザビエル記念教会堂や平戸オランダ商館など、異国情緒あふれるスポットを散策します。
  • Spot 1
    平戸港交流広場

    ここから平戸まち歩きがスタート!

    誰もが知る平戸の魅力はもちろんのこと、海外との貿易や城下町として栄えた時代、かくれキリシタンの悲哀の歴史などを史跡をめぐりながらガイドがご案内します。

    • 住所:  〒859-5104 長崎県平戸市崎方町776-6

    平戸の異国情緒を代表するスポット

    カトリック教会の尖鋭な屋根と十字架、そして寺院の屋根瓦がひとつの風景となり、日本と西洋の文化をいちどきに感じさせる平戸を代表する風景。雑誌などでも良く紹介されている必見スポットです。

    • 住所:  〒859-5152長崎県平戸市鏡川町269番地
    • 電話番号:  0950-22-4111
  • Spot 3
    宗陽公の墓

    平戸の栄華を見届けたお殿さま

    平戸が南蛮貿易で最も栄えた時代に、松浦家の藩主だった松浦隆信(宗陽)の墓。竹林に囲まれた墓はとても大きく、当時の権力を感じとることができます。ここには宗陽の母・松東院も眠っています。

    • 住所:  長崎県平戸市鏡川町307

    平戸のシンボル的な教会

    薄いグリーンの外観と十字架を掲げた尖塔が印象的な教会。聖堂の脇には、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの像が建てられています。内部のステンドグラスや彫刻の美しさも秀逸。

    • 住所:  〒859-5152長崎県平戸市鏡川町259-1
    • 電話番号:  0950-23-8600
    • 営業時間:  9:00~16:00
    • 休日:  特になし
  • Spot 5
    大そてつ、六角井戸

    いちどきに水を汲みやすい六角形井戸

    日本の井戸には見られない珍しい六角形の井戸。当時この辺りに住んでいた明の商人が造ったとも伝えられているんだとか。豪商の庭に植えられていた樹齢400年にもなる大そてつも必見です。

    • 住所:  長崎県平戸市浦の町
  • Spot 6
    オランダ塀、オランダ井戸

    オランダ商館を代表する遺構

    日本初のオランダ商館が開設されたのは、ここ平戸でした。30年後に出島に移された際に徹底的に取り壊されたため、現存するオランダ塀やオランダ井戸が当時の様子を知る貴重な手がかりとなったそう。

    • 住所:  長崎県平戸市崎方町
  • Spot 7
    オランダ埠頭

    貿易を支えた海へと続く石階段

    オランダ商館時代の船着き場で、船員の乗降や積荷の上げ下ろしが行われる重要な場所だったそう。アーチ型の門が建っていたこの場所に立ち、貿易で栄えた華やかな時代を感じてみてはいかがでしょうか。

    • 住所:  長崎県平戸市崎方町
  • Spot 8
    常橙の鼻

    航海の安全を見守った灯台跡

    オランダ商館跡の北東の一角にある石積みの高台。貿易が華やかな時代には灯台の役目をしていたそうで、オランダの国旗も立てられていました。

    • 住所:  長崎県平戸市崎方町

    大航海時代の1639年築造倉庫を復元

    平戸オランダ商館は、長崎の出島よりも前に建てられ、日蘭交流の歴史の中で最も繁栄した時期に建築された建物です。
     
    その中でも1639年に築造された倉庫は、膨大な量の交易品を保管するために造られたものです。
    現在は、当時の貿易に関する史料や貿易品などが展示されています。
     
    平戸オランダ商館のある崎方町一帯は、1609年(慶長14)和蘭船が入港し、1641年(寛永18)長崎出島に移転するまでの約33年間、平戸が我が国唯一のオランダ貿易港として賑わいました。

    商館は当初、土蔵付き民家を借りてスタートしましたがその後周囲の民家を壊して、新たに建築。

    本館をはじめ、宿泊所、調理場などが整備されていきました。

    そして貿易の積荷を保管する倉庫も何棟も建築され、1639年には日本で初めての西洋の石造建造物とされる 「1639年築造倉庫」が完成。

    ところが1641年、幕府の命令により商館は取り壊され、貿易は長崎出島に移転しました。

    2011年にオープンした「平戸オランダ商館」は、この倉庫の忠実な復元となり、貴重な建物です。

    • 住所:  〒859-5102長崎県平戸市大久保町2477番地
    • 電話番号:  0950-26-0636
    • 営業時間:  8:30~17:30
    • 休日:  毎年6月の第3週(火・水・木)
  • Spot 10
    平戸港交流広場

    2時間のまち歩きはここで終了

    貿易港として栄えた平戸の町を歩いたあとは、グルメもぜひ楽しんで。平戸の雄大な自然で育った高級和牛・平戸牛は、とろけるような柔らかい肉質で超おすすめです!

    • 住所:  長崎県
実施期間 通年
集合場所 平戸市観光案内所
催行人数 2名~
食事
料金 1団体:1500円 ※入館料別途 ※延長1時間につき+500円
お申込み 平戸観光ウェルカムガイド
TEL&FAX:0956-23-8210
※前日まで要予約
詳しくはこちら
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています