旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
セミナリヨの卒業生には天正遣欧少年使節も

日野江の城下町と有馬のセミナリヨ跡を巡る。

エリア
島原半島(雲仙・島原・南島原)  
テーマ
地元ガイドとめぐる旅  
目安
1時間コース 
戦国大名・有馬氏の居城であった日野江城跡を中心に、日本で初めてのヨーロッパ中等教育機関で天正遣欧少年使節に選ばれた少年も通った「有馬のセミナリヨ跡」などを史実に基づいてガイドします。
  • Spot 1
    北有馬支所

    400年前の城下町を歩こう

    有馬つんなも会のガイドが同行。400年前にヨーロッパに報告された史実に基づいて、日野江の城下町を案内します。

    • 住所:  長崎県

    有馬のキリシタンが殉教した地

    棄教を拒否した有馬直純の3人の重臣とその家族は、2万人以上の信徒が見守るなか日野江城の前の広い浜で火刑となり殉教しました。その中にはわずか11歳の少年もいたのだそう。

    • 住所:  〒859-2305長崎県南島原市北有馬町
  • Spot 3
    南道

    殉教者が歩いた道

    キリシタン大名と呼ばれた有馬晴信の時代は華やかなキリシタン文化の絶頂期。その後禁教令により厳しいキリシタン弾圧が始まり、棄教に応じなかった有馬直純の3人の重臣らはこの通りを歩いて有馬川の殉教地へと向かった、と言われています。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 4
    400年前の通り

    ローマにも報告された有馬の通り

    400年前のこの地は、セミナリヨ・大天主堂イエズス会本部などが置かれ、日本の中心地のひとつでした。宣教師ルイス・フロイスは、この通りを「細く長く美しい通り」とローマに報告したのだそう。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 5
    有馬のセミナリヨ跡地

    日本初の神学校を創設

    キリシタン大名・有馬晴信は城下にセミナリヨを創設。最大で130人もの少年たちが語学や音楽、美術などの教育を受けていました。天正遣欧少年使節の4人はここの卒業生。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 6
    青面金剛像(しょうめんこんごうぞう)

    今も大切に守られています

    地元の人が庚申様(こうじんさま)と呼ぶ青面金剛像は、島原の乱から40年余り後に建立されました。聖母マリアがキリストを抱いているように見えます。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 7
    有馬晴信像

    十字架を刻んだ烏帽子が特徴

    セミナリヨ創設、天正遣欧少年使節派遣などの偉業を成し遂げたキリシタン大名・有馬晴信の木像のレプリカ。鳥帽子には十字架が刻まれています。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 8
    虚空蔵菩薩像の絵

    胸に十字架を持つ菩薩像

    有馬晴信の終焉の地となった山梨県東山梨郡大和村の臨済宗建長寺派天目山栖雲寺で発見された像のレプリカ。肩、膝の4ヶ所に描かれているのは天正遣欧少年使節だと言われています。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 9
    北有馬支所

    有馬のキリシタンスポットめぐりは終了

    40分延長すれば、有馬氏の居城だった日野江城跡へのご案内も可能なので、ぜひどうぞ。日野江城下にはセミナリヨの生徒をイメージしたモニュメントも点在しています。※移動の交通費は各自負担

    • 住所:  長崎県
実施期間 通年
集合時間 お問い合わせください
集合場所 南島原市北有馬支所

地図はこちら
催行人数 1名から
食事 なし
料金 1名 2,000円
02~20名参加時の1グループ:3,000円
21~40名参加時の1グループ:6,000円
41~60名参加時の1グループ:9,000円
61~80名参加時の1グループ:12,000円
◎最大2時間お客様の都合に合わせて調整可能。
お申込み 南島原ひまわり観光協会
TEL:0957-65-6333、FAX:0957-65-6336
mail:kankou@himawarinet.ne.jp
*申込み締切:ガイド希望前日までにFAX・メールにてお申込み願います。 
詳しくはこちら