旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
かつて防人が睨んだ景色

浅茅湾や水平線を眺めながら歩く金田城トレッキング

エリア
対馬  
テーマ
大自然に親しむ  
目安
日帰り 
浅茅湾に突き出す標高276mの城山山頂に広がる国特別史跡指定・金田城跡。
約1300年前、大陸からの侵攻に備えて大和朝廷が築いた城跡を目指す
往復3時間のトレッキング。
国境の島・対馬の自然と歴史を堪能しながらのんびり歩こう。
  • 登山口から徒歩20分
    Spot 1
    10時
    南部石塁

    天然の断崖絶壁を利用した要塞の入口

    県道24号沿いの城山入口から林道を車で12分、雑木林に囲まれた金田城跡登山口からトレッキング開始。途中、黒瀬湾ビューのお楽しみを堪能しつつ、20分ほど歩けば南部石塁に辿り着く。城の南門にあたる場所で、天然の断崖絶壁を含め5.4kmに及ぶ城壁の一部。

    • 住所:  長崎県対馬市美津島町
  • 徒歩20分
    Spot 2
    10時20分
    南西部石塁

    うっそうとした森に続く万里の長城!?

    南部石塁からさらに20分ほど歩くと、南西部に広がる城壁が待っている。南部石塁とは風情が異なり、木々がうっそうと生い茂るなかに石垣が続く。それはまるで小さな万里の長城のようにも見える。カギカズラなど、植物観賞も楽しみながら、さらに先へ進もう。

  • 徒歩10分
    Spot 3
    10時40分
    旧軍施設

    日露戦争時に造られた旧軍施設

    朝鮮半島防衛の最前線として、大和朝廷を守るべく飛鳥時代に築かれた城山・金田城。後に日露戦争でも再度要塞化され、その時に造られた砲台や軍施設が今も残されている。旧軍施設から望む浅茅湾の眺めも美しい。ここから山頂まではあとわずか。

  • 徒歩5分
    Spot 4
    10時50分

    かつて防人が睨んだ水平線を望む

    旧軍施設から5分ほどで小道を上ると、目的地、標高276mの山頂に到着。そこにはかつて防人が見つめた風景と同じ、朝鮮半島方面の水平線が広がる。ピンク色のゲンカイツツジが華やかさを添える3~4月が特に美しい。帰路は同じ道をたどり、登山口まで約50分。

    • 住所:  長崎県対馬市美津島町黒瀬城山
    • 電話番号:  0920-52-1566
  • 徒歩50分車20分
    Spot 5
    12時30分

    海幸、山幸たっぷりの鍋料理

    冠婚葬祭やイベントごとに欠かせない島の郷土料理。入れる食材に決まりはないが、具だくさんでシメに素麺かそばを入れるのが定番。スープは鶏ベースか魚介ベースに大別される。「割烹 八丁」では対馬でとれる新鮮魚介をたっぷり使った豪快版。

    • 住所:  〒817-0024長崎県対馬市厳原町大手橋1094-6
    • 電話番号:  0920-52-1264
    • 営業時間:  11:00~14:00
      16:00~22:00
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています