旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
~原爆落下中心地・平和公園から浦上天主堂~

アンゼラスの鐘の丘を訪ねて

エリア
長崎  
テーマ
平和の尊さを知る  
目安
日帰り 

1945年8月9日11時2分。長崎市松山町の上空500mで、
人類史上2番目の原子爆弾が炸裂。
一瞬のうちに廃墟となったこの地も、
半世紀以上の時を経て、美しい公園として整備されています。


>このコースの予約はこちらから(長崎さるくサイトへ)

    黒御影石の碑が表す爆心地

    原爆落下当時は、地元有力者の別荘と庭があった場所。当初はスレート製煙突の破片に消し炭で「爆心」と書いた標識が立てられていました。

    • 住所:  〒852-8118長崎県長崎市松山町
    • 電話番号:  095-822-8888
  • Spot 2
    旧松山町防空壕跡

    一人の少女の命を救った防空壕

    原爆落下時は警報解除中だったため、町民のほとんどは被爆。壕で遊んでいた9歳の少女だけが、町内唯一の生存者となりました。

    • 住所:  長崎市松山町

    世界に向けて平和を発信する公園

    8月9日の平和記念式典が行われる場所。祈念像は長崎出身の彫刻家・北村西望作。右手は原爆の脅威を、左手は平和を表しています。

    • 住所:  長崎県長崎市松山町 平和公園内
    • 電話番号:  095-829-1171
  • Spot 4
    長崎刑務所浦上刑務支所遺壁

    長崎刑務所浦上刑務支所遺壁

    爆心地から200mの刑務所は瞬時に倒壊。受刑者や未決囚、看守とその家族134人全員が死亡。中国・朝鮮人45人も含まれていました。

    • 住所:  長崎市松山町
  • Spot 5
    市立山里小学校(山里国民学校跡)

    千羽鶴と佇む永井博士ゆかりの碑も

    被爆により児童1581人のうち1300人、教師28人が亡くなりました。校舎裏手の防空壕は、事前の申し込みで見学も可能です。

    • 住所:  長崎市山里町
  • Spot 6

    永井博士が暮らした畳二畳の自宅

    被爆しながらも救護活動に奔走した永井隆。2人の子どもと共にここで暮らし、「長崎の鐘」「この子を残して」などを執筆しました。

    • 住所:  〒852-8113長崎県長崎市上野町22-6
    • 電話番号:  095-844-3496

    平和を希求し続けた生涯をたどる

    博士の遺品や写真、著作などを展示。2階には近所の子どものために開放した「うちらの本箱」の精神を受け継いだ図書館もあります。

    • 住所:  〒852-8113長崎県長崎市上野町22-6
    • 電話番号:  095-844-3496
    • 営業時間:  9:00~17:00
    • 休日:  12月29日~1月3日
  • Spot 8
    浦上天主堂鐘楼ドーム

    朝夕に響いていたアンゼラスの鐘

    鐘楼の左塔のドーム部分は、爆風で落下し北側の川底へ崩落。右塔の鐘は瓦礫の中から発掘され、今も変わらぬ音を響かせています。

    • 住所:  〒852-8112長崎県長崎市本尾町1-79
  • Spot 9

    原爆の脅威を今に伝える聖堂

    30年の歳月をかけて建てられた聖堂が、原爆により全壊。1981年の法王ヨハネパウロ2世来日を機に、昔日の面影がよみがえりました。

    • 住所:  〒852-8112長崎県長崎市本尾町1-79
    • 電話番号:  095-844-1777
    • 営業時間:  9:00~17:00
    • 休日:  無休