旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
龍馬ゆかりの地や郷土料理も楽しめる

龍馬と海舟が通った九州横断ルート長崎編

エリア
島原半島(雲仙・島原・南島原)  
テーマ
幕末・龍馬の足跡をたどる  
目安
1泊2日 
元治元年(1864年)2月、坂本龍馬30歳。
師である勝海舟と共に龍馬は大分県佐賀関から九州を横断。
熊本からは海路で島原港に渡り、島原半島を横断後、さらに西へ。
長崎到着までの2日間の足跡をたどってみましょう。
  • Spot 1
    【1日目】11時10分
    熊本港発

    龍馬一行と同じく、海路から島原へ上陸

    元治元年2月21日、龍馬一行は夜に熊本を出船、島原へは夜明けに到着。136年後の現代では超高速カーフェリーでわずか30分ほど。

  • Spot 2
    【1日目】11時40分
    島原外港着

    到着後、実際の龍馬上陸の地へ

    実際に龍馬を乗せた船が着いたのは、現在の南島原駅近く。目印は「龍馬 島原初上陸の地」の碑。龍馬が上陸した階段も残っています。

  • Spot 3
    【1日目】12時
    島原城下本陣跡・中村家屋敷

    上陸後、町年寄・中村家で休憩

    本陣とは大名などの宿泊所。島原では城下の中村家屋敷が利用されました。軍艦奉行の海舟と龍馬を出迎えた門構えは当時のままに。

  • Spot 4
    【1日目】12時30分
    具雑煮

    龍馬も食べた?島原の郷土料理

    島原の乱で原城籠城軍が農民達にもちを兵糧として貯えさせ、いろいろな材料を集めて雑煮を炊いたのが始まり。具だくさんで栄養満点!

  • Spot 5
    【1日目】14時

    龍馬一行はここでランチ

    佐賀藩鍋島氏の陣屋跡。入口には元禄期に建てられた約30mの石垣とそれにつづく長屋門が。門と主屋の先には枯山水の庭園もあります。

    • 住所:  〒859-1303長崎県雲仙市国見町神代丙103番地1
    • 電話番号:  0957-61-7778
    • 営業時間:  10:00~17:00(但し、入場は16:30まで)
    • 休日:  ○毎週月曜日
      (月曜日が祝日の場合は開館し、その後の最も近い休日でない日が休館日となります)
      (例:月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日。月・火曜日が祝日の場合は水曜日)
      ○12月27日から翌年1月5日まで
      ○その他都合により変更する場合があります。
  • Spot 6
    【1日目】15時

    元治元年2月22日、会津に到着

    "会津"とは現在の雲仙市愛野町のこと。国道57号線沿いの愛野展望所は眼下に橘湾、南東に雲仙普賢岳を望む絶景スポットです

    • 住所:  〒854-0302長崎県雲仙市愛野町乙(国道57号線沿い)
    • 電話番号:  0957-38-3111
    • 営業時間:  展望台 終日立寄り可能
      愛のベルハウス(売店・レストラン) 8:30~17:30
    • 休日:  年中無休
  • Spot 7
    【1日目】16時
    小浜温泉のお宿へ

    橘湾を望む「海の湯」の温泉地へ

    龍馬一行は "会津"(現・愛野町)に宿泊。このコースではそこから車で15分ほど南下した小浜温泉へ。湯上りさっぱりの食塩泉で心も体もリフレッシュ。

  • Spot 8
    【2日目】10時
    龍馬の井戸

    幕末の志士たちの喉を潤した井戸

    諫早市久山に残る久山茶屋跡。江戸時代の脇街道・「長崎街道」沿いにあったこの茶屋の井戸を、龍馬も飲んだとか、飲まなかったとか。

  • Spot 9
    【2日目】10時

    元治元年2月23日、長崎到着

    大分の佐賀関に上陸してから9日目。龍馬一行はこの福済寺に約40日間、滞在。このお寺で龍馬と海舟が相撲をとったというエピソードも。

    • 住所:  〒850-0052長崎県長崎市筑後町2番56号
    • 電話番号:  095-823-2663
    • 営業時間:  7:00~17:00
  • Spot 10
    【2日目】13時

    海を見ながらランチタイム

    龍馬ともゆかりの深い出島の傍の海岸には、「出島ワーフ」があります。海風とともにランチタイムを楽しみましょう。

    • 住所:  〒850-0862長崎県長崎市出島町1-1
    • 営業時間:  詳細につきましては各店に直接お問い合わせください

    龍馬も何度かお世話になりました

    海舟との旅では調査のために訪問。その3年後は、イカルス号事件の参考人として出頭。現在の奉行所の階段と石段の一部は当時のものとか。

    • 住所:  〒850-0007長崎県長崎市立山1-1-1
    • 電話番号:  095-818-8366
    • 営業時間:  8:30~19:00(最終入館18:30)
    • 休日:  第3火曜日(ただし、祝日の場合は翌日が休館日となります)

      ※その他メンテナンスの為休館する場合がございます。
  • Spot 12
    【2日目】16時

    海舟との旅の翌年、「亀山社中」設立

    龍馬による日本で初めての貿易会社「亀山社中」。龍馬の躍進はここから始まります。詳しくは幕末当時の遺構を再現したこの記念館で。

    • 住所:  〒850-0802長崎県長崎市伊良林2-7-24
    • 電話番号:  095-823-3400
    • 営業時間:  9:00~17:00(最終入館は16:45)
    • 休日:  年中無休
閉じる 閉じる