このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEながさきの島々 > 対馬

早わかり対馬

国境の島

  • 韓国展望所から望む海栗島

  • 気象条件に恵まれれば韓国釜山市の町並みが望める

  • 韓国の古代建築様式を取り入れた「韓国展望所」

韓国展望所から望む海栗島

韓国展望所から望む海栗島

気象条件に恵まれれば韓国釜山市の町並みが望める

気象条件に恵まれれば韓国釜山市の町並みが望める

韓国の古代建築様式を取り入れた「韓国展望所」

韓国の古代建築様式を取り入れた「韓国展望所」

九州最北端の島 天気が良ければ釜山市の街並が望める

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ島・対馬。九州最北端に位置し、お隣韓国までは49.5kmの近さにあり、天気がよければ釜山市の街並を望むことができます。最終氷河期(7万年前から1万年前)には大陸・日本列島と陸続きだったと考えられており、ツシマヤマネコに代表する大陸系の動物たちが生息していました。温暖化が進むにつれて対馬はふたたび孤島となりますが、九州の土器・黒曜石と朝鮮半島の土器が出土していることから、孤島となったのちも人々が九州と朝鮮半島を往来していたと考えられます。魏志倭人伝(3世紀)に最初に登場する倭国(日本)のクニとして描かれ、古くから日本と大陸を結ぶ海上交通の要衝でした。4世紀後半には畿内系高塚古墳が対馬にも出現し、「古事記」の国生み神話では本州・九州と並び最初に創造される大八島国の一つとして描かれるなど、一貫して日本の国土として認識されていました。

詳しい情報はこちら

韓国展望所

天気が良ければ韓国釜山市の街並が望め、「国境の島」であることをを実感出来ます。

島の約90%は山林

  • 対馬を代表する霊峰「白嶽」

  • 鰐浦のひとつばたご自生地

  • 日本では対馬だけに生息するツシマヤマネコ

  • 雄大な原生林が広がる

  • 万松院の大杉

  • 対馬にやってくる渡り鳥を観察できる「バードウォッチング公園」

対馬を代表する霊峰「白嶽」

対馬を代表する霊峰「白嶽」

鰐浦のひとつばたご自生地

鰐浦のひとつばたご自生地

日本では対馬だけに生息するツシマヤマネコ

日本では対馬だけに生息するツシマヤマネコ

雄大な原生林が広がる

雄大な原生林が広がる

万松院の大杉

万松院の大杉

対馬にやってくる渡り鳥を観察できる「バードウォッチング公園」

対馬にやってくる渡り鳥を観察できる「バードウォッチング公園」

固有の生物・野鳥の楽園 巨木・巨樹めぐりも楽しめる

山林が89%を占め、南北82km、東西18kmと細長い地形の対馬。一年を通して寒暖の差が大きく、自然度の高い森林、複雑な地形、険しい谷など、自然条件に恵まれていたため、今も多くの貴重な生物種が生息しています。対馬野生生物保護センターでは天然記念物ツシマヤマネコの一般公開を行っています。さらに、対馬は渡り鳥の十字路とも呼ばれ、迷鳥や珍鳥と呼ばれる鳥を比較的簡単に見ることもできます。また、仏教や神道に加え、独特の天道信仰などによって、山や森林が聖地・霊地とされてきた対馬では、伐採や木材の搬出輸送に地理的地形的条件が不利であったことが幸いして、非常に多くの巨樹・巨木が残っており、それらを含む原生林や自然林も広く保存されています。このため近年、対馬の自然を全身で満喫できるシーカヤックツアーやトレッキングが人気を集めています。

詳しい情報はこちら

対馬野生生物保護センター

ツシマヤマネコなど絶滅のおそれのある野生生物の保護増殖や調査研究及び普及啓発活動の拠点施設です。

大陸とのクロスロード

  • 日本海軍が開削した瀬戸に掛けられた「万関橋」

  • 日露戦争に備え築かれた「姫神山砲台跡」

  • 昭和の巨砲「豊砲台跡」

  • 対馬海峡西水道の封鎖を目的に作られた「豊砲台跡」

  • 住吉神社境内にある鉄製の機雷

  • 朝鮮通信使行列の再現パレードが行われるアリラン祭

日本海軍が開削した瀬戸に掛けられた「万関橋」

日本海軍が開削した瀬戸に掛けられた「万関橋」

日露戦争に備え築かれた「姫神山砲台跡」

日露戦争に備え築かれた「姫神山砲台跡」

昭和の巨砲「豊砲台跡」

昭和の巨砲「豊砲台跡」

対馬海峡西水道の封鎖を目的に作られた「豊砲台跡」

対馬海峡西水道の封鎖を目的に作られた「豊砲台跡」

住吉神社境内にある鉄製の機雷

住吉神社境内にある鉄製の機雷

朝鮮通信使行列の再現パレードが行われるアリラン祭

朝鮮通信使行列の再現パレードが行われるアリラン祭

外国との華やかな交流と国防最前線としての緊張の歴史。

その地理的条件のため、対馬はつねに日本本土と大陸との緊張・交流関係に翻弄され続けてきました。白村江の戦い、元寇、倭寇、朝鮮出兵、日露戦争などの数々の戦いでは、国防の最前線として軍事的緊張にさらされ、また江戸時代には対朝鮮外交を幕府から一任され、華やかな国際交流の表舞台で活躍するなど、重要な役割を果たしてきました。対馬が持つ独自の歴史は、日本の外交の歴史そのものなのです。

詳しい情報はこちら

長崎県立対馬歴史民俗資料館

古代の対馬と大陸との交流を実証する考古資料を展示している施設です。

ページトップへ