このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME今めぐりたい!長崎県の近代化遺産 > 石炭

今めぐりたい!長崎県の近代化遺産(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業)

石炭 近代化遺産

石炭

世界遺産認定(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

近代化を支えた産業遺産

端島炭坑(軍艦島)

はしまたんこう(ぐんかんじま)

端島炭抗(軍艦島)

見学

長崎港から船で約40分。各船会社が軍艦島上陸ツアーを運航しています。

長崎県長崎市

端島は長崎港から南西約18kmの海上に浮かぶ面積6.5haほどの小さな島です。石炭の採掘に伴い島の周辺が埋め立てられ、その外観が戦艦「土佐」に似ていたことから「軍艦島」とも呼ばれています。また炭坑の開発とともに従業員の住宅建設も行われ、1916年以降、高層鉄筋アパートが建ち並び、最盛期には5,000人を超す人々が生活していました。昭和30年代後半、エネルギー供給の主体が石炭から石油に転換したことから、1974年の閉山時に無人島となり、住居は廃墟と化しています。

良質な石炭の採掘で栄えた島。島には日本初の鉄筋コンクリート集合住宅も。

詳細はこちら


世界遺産認定(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

日本初の蒸気機関による竪坑跡

高島炭坑(北渓井坑跡)

たかしまたんこう(ほっけいせいこうあと)

高島炭抗 北渓井抗跡

見学

見学できます。

長崎県長崎市

北渓井坑は、日本で最初に近代的採炭法を導入した炭坑です。蒸気機関による巻揚機やポンプなどの西洋の技術が導入された深さ43mの竪坑をもっています。日産300トンを出炭したといわれます。明治元年(1868)から開削し、翌年に着炭しましたが、海水の流水により明治9年(1876)廃坑しました。

蒸気機関を導入した日本初の洋式炭坑。

詳細はこちら


九州最後の炭鉱の島

池島炭鉱

いけしまたんこう

池島炭鉱

見学

キャップランプとヘルメットを身につけ、本物の坑道に入り、石炭がどのように掘られていたのかを体験できます。

長崎県長崎市

池島は西彼杵半島の西沖合約7kmにある周囲約4kmの小さな離島で、かつて炭鉱の島として栄えた島です。松島炭鉱の用地買収により開発が進み、最盛期には8,000人近い人々が生活していました。閉山が2001年11月とまだ日が浅く、島内には炭鉱設備や炭鉱アパートがそのままの姿で残っています。現在はトロッコに乗って坑道を見学することもできます。

高品位な石炭の産地として日本のエネルギー産業を支えた


松島炭鉱の反映を支えた

松島炭鉱

まつしまたんこう

松島炭鉱の写真

見学

見学できます。

長崎県西海市

松島は長崎県西海市大瀬戸町にあり、かつて捕鯨の島としても栄えた離島です。18世紀終わり頃から採掘されていましたが、1807年大村藩の直営となった頃から鉱主が増え始め、諸国から石炭積船が絶えず出入りするようになりました。島内には五坑あり、最盛期の1925(大正14)年には約51万5千トンも採掘しています。ドイツ人技師によって建てられた赤煉瓦の建物が往時の姿を残しています。

松島炭鉱の反映を支えた五つの炭坑

ページトップへ