このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > ~がっつり行こう~ 丼・ごはん

グルメ

長崎には旬の魚を使った丼ものがいっぱい!壱岐の宝ともいわれる「うに」を贅沢に使った「うにのぼっかけ」や地元の漁師さんの間で食べられていた「魚島来めし」で、旬の海鮮丼を思う存分楽しんで!さらに「海鮮」+「地のオイシイ食材」をアレンジした「さいかい丼」は1,500円以下で提供するのがルールなので、気軽な食べ歩きにもピッタリ。その他、子供にも人気の「大村寿司」、火山のパワーがぎゅっとつまった「ジ・オむすび」、フルーティーな甘さとスパイシーな辛さがクセになる「黒カレー」、長崎人おなじみの「トルコライス」など、挑戦したい味が勢ぞろい!

地図 うにのぼっかけ 魚島来めし 黒カレー さいかい丼 大村寿司 トルコライス ジ・オむすび

さいかい丼図鑑

海の幸・山の幸がて~んこもり!「さいかい丼」

もはや定番となりつつある、元祖ご当地丼「さいかい丼」。どうやって料理したら素材の旨みを一番引き出せるか、を知り尽くした地元の料理人たちが腕によりをかけた「さいかい丼」は、どれもこれもオリジナリティ&ボリュームたっぷり!三方を海に囲まれ自然豊かな西海市では、伊勢海老などの海の幸だけではなく、西海ポークや大島トマトなど山の幸にも自慢の食材がいっぱいです。その市内産の食材で作られるさいかい丼、実は1,500円以内で提供するのがルール。気軽に食べ歩きができるお値段だから、お休みごとに訪れる方も多いそう。

さいかい丼

タレが決め手の海鮮系

ひとくちに海鮮丼といっても、ご飯にのっている食材やタレはお店ごとに特徴あり!お醤油系、ゴマダレ系、甘めのタレ系、さあ今日はどの気分?!

ボリュームたっぷりお肉系

豚バラ肉、牛カルビなどをたっぷり使ったスタミナ満点のボリューム丼。さいかい丼はお魚だけだと思っていた肉食男子&肉食女子、いらっしゃい!

揚げたてアツアツ天ぷら系

新鮮なアジにひと手間加え、刺身とは違った風味を楽しめる丼ぶり。ネギ・ショウガ・おろしの薬味も美味しさを引き立てます。

「魚島来めし」

漁業が盛んな松浦市で、地元の漁師さんたちの間で食べられていた「おとこやま」という漁師料理から生まれたのが「魚島来めし」。地元で水揚げされた新鮮な地魚を刺身にし、ごまだれにつけこんだものを熱々のご飯の上にのせた絶品地魚丼です。半分くらい食べたら後半戦は残った刺身とごはんにアツアツのお茶をかけてヅケ茶漬けにしていただくのがオススメ!

きれいな黄色の錦糸玉子がトレードマークの「大村寿司」。もともとは今から530年ほど前、大村の地を奪還した大村軍の凱旋を祝い、領民たちが炊きたてのご飯の上に魚の切り身、野菜のみじん切りなどをのせて押さえたものを振る舞いったことが始まりだとか。す飯や具材に多目の砂糖が使われているのは、はるか昔、南蛮貿易で長崎に入ってきた砂糖が、別名「シュガーロード」とも呼ばれる長崎街道に沿って伝わったことに由来しているのです。甘くて彩り豊かなお寿司は、子供にも大人気です。

「大村寿司」

スタッフおすすめ「丼・ごはん」メニュー うにのぼっかけ

青く澄んだ玄界灘に浮かぶ島、壱岐は新鮮な海の幸の宝庫。なかでも島の宝とも言われる「うに」は大粒で身が締まり甘みが強いのが特徴です。壱岐では、ぼっかけ=沢山かけるという意味。言葉の由来そのままに、熱々のご飯にうにをぼっかけて食べる豪快な丼には、海士・海女さんたちが素潜りで採った天然うにがたっぷりで新鮮そのもの!肉厚で甘~い旬の味が口いっぱいに広がります。九州ご当地グルメグランプリ2010「食べてみたいグルメ」で第2位に輝いた絶品の味、是非ご賞味を!

うにのぼっかけ

ジ・オむすび

日本初の「世界ジオパーク」に認定された島原半島では二等辺三角形の火山型おむすび「ジ・オむすび」が登場。たかが「おむすび」とあなどることなかれ!島原の大地の恵みがぎゅっとつまった「ジ・オむすび」は厳選した素材を使っているので、素朴だけど格段に美味しいのです。

「ジ・オむすび」美味しさの秘密

  1. 県産米を使っている
  2. 有明海産の「のり」を全面に巻いている
  3. 三角形の形にしっかりと手で握る
  4. 島原半島産の具材を入れる

長崎のレストランや食堂などほとんどのお店で食べることができる、長崎人にはおなじみのトルコライス。トルコ発祥の料理?と思いきや、実はれっきとした長崎発祥の洋食グルメなのです。人気の3大洋食を1つのお皿に盛り付けたワンプレート料理は、まさに大人のお子様ランチといった雰囲気。トンカツ・ドライカレー・スパゲッティが定番ですが、お店ごとに趣向を凝らしたアレンジも!お気に入りのお店を探してみて。

トルコライス

黒カレー

天正遣欧使節四少年により日本で初めてスパイスが持ち込まれた大村。特有の黒土を黒いルーに見立て、地元で育った野菜やフルーツをふんだんに使った注目のご当地カレーです。カレーを口に運ぶと、まずはフルーティーな甘さが、そして追いかけて来るようにスパイシーな辛さが広がり、この追いかけっこする甘さと辛さは一度食べるとクセになるかも。

ページトップへ