このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > ~素材を楽しむ~肉が食べたい

グルメ

黒毛和牛発祥の地「平戸」で放牧された、赤身と霜降りのバランスが絶妙の「平戸和牛」をはじめ、「日本人に合うステーキを…」と考案され、さっぱりといただける「レモンステーキ」など、バリエーション豊かなお肉メニュー。B級ご当地グルメの祭典「2012年B-1グランプリin北九州」で2位を獲得した対馬人のソウルフード「とんちゃん」を食べれば、気分はすっかり長崎県民!?

地図 とんちゃん 平戸和牛 レモンステーキ 長崎ビフテキ

おいしい平戸牛の食べ方講座

海黒毛和牛の最高峰!「平戸和牛」

平戸は黒毛和牛発祥の地。1200年以上前から放牧が行われていたという記録が残されています。温暖で穏やかな気候、澄みきった空気、四方を海に囲まれ潮風をいっぱい受けたミネラル豊富な牧草を食べて育った平戸和牛は、赤身と霜降りのバランスが絶妙でとろけるような柔らかい肉質が特徴。和牛を代表する究極のお肉といっても過言ではありません。じっくりご堪能を!

ジューシーステーキ

ジューシーステーキで

まずは肉のうまみをギュッと閉じ込めた「ステーキ」を堪能。塩でさっぱりいただけば、お肉のうまみが倍増すること間違いなし!

やわらかローストビーフで

ステーキが食べられるほどお腹はすいてないけど、お肉は食べたいな~という方には「ローストビーフ」でいただくのはいかがでしょう?柔らかな食感に満足間違いなし!「ローストビーフの握り」を提供するお店もあり、肉のうまみをさっぱりおいしくいただけます。

贅沢にバーガーで

いろいろな食べ方を試した上級者には、バーガーを!バンズからしたたる肉汁もたまりませ~ん。

「レモンステーキ」

薄切りのステーキ肉を熱く焼いた鉄板にのせ、醤油ベースのレモン風味ソースをからませてアツアツをいただきます。今から約40年ほど前、「日本人に合うステーキを・・」と考案されたのが始まりなのだそう。薄くスライスされたジューシーな牛肉とレモンの味はびっくりするほどベストマッチ。ステーキはボリュームがありすぎる…という方にも、さっぱりと食べられるのでオススメですよ。最後に残ったソースにごはんを絡めていただくのが佐世保流です。

長崎は西洋料理発祥の地!ポルトガル人やオランダ人の食の影響を大きく受けた長崎には幕末の開港後日本で初めての西洋料理店ができました。そのメニューにはビフテキやカレーライスがあったのだそう。幕末の時代にできた日本最古の西洋料理店に思いを馳せながら、いまや日本人なら誰もが愛する定番洋食をじっくりと味わってみるのもいいかもしれません。

「長崎ビフテキ」

スタッフおすすめ「肉」メニュー とんちゃん

しょうゆ・味噌をベースに、ニンニク・ごま油・リンゴのすりおろしなど10数種類の調味料を合わせた秘伝のタレにデンマーク産の豚肉をつけこんだ、対馬きってのご当地グルメ。B級ご当地グルメの祭典「2012年B-1グランプリin北九州」では、「対馬とんちゃん部隊」が見事2位を獲得。もともとは対馬在住の韓国人から伝えられ、その後日本人の口に合うように味付けをアレンジしていったのだそう。野菜と炒めたり、すきやき風に卵をつけて食べたりと、家庭によって色々な食べ方があり、対馬人の“ソウルフード”としても定着しています。少し濃い目で甘いタレは白いご飯との相性も抜群。お肉の柔らかさを味わうなら炭火焼きがお薦めです。

とんちゃん

ページトップへ