このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > 島で楽しむお宝グルメ > 新上五島エリア

グルメ

五島うどんメニュー海鮮丼
五島うどん新上五島の海

島に来たら必ず食べたい
職人の味

大自然に溶け込む世界遺産レベルの教会が建つ、祈りの島・新上五島町。熟練の職人の手で代々受け継がれた手延べ製法で作られる「五島うどん」は、日本三大 うどんのひとつにも数えられるほど。島に来たら必ず食べたい、必食グルメなのです。どこか懐かしい和テイストのスイーツもお試しを。

通年五島うどん

温でも冷でも楽しめる
のどごし抜群!細打ち麺

五島うどん

とにかく麺が細いのが特徴です。生地の熟成具合を見ながら手で伸ばしていく手延べ製法で作られ、地元特産の椿油を使いひねりを加えながら最終的には 1.5mmほどに。あまりの細さに「これがうどん?」とビックリするかもしれませんが、ご心配なく。麺は細いのにしっかりとしたコシがあり、つるつるっと のどを通っていく食感がたまらない!一度食べたら忘れられない美味しさです。ぐつぐつ煮えたぎる鍋から直接いただく「地獄炊き」が代表的な食べ方ですが、 暑い夏には「冷やし五島うどん」もオツですよ。

五島うどん

片岡護シェフ コラボメニュー

『AKKATO(アッカト)』

『AKKATO(アッカト)』

イタリアンの巨匠・片岡護シェフからのアドバイスをもとに地元で開発した五島うどんの創作新メニュー!イカなどの魚介類がふんだんに入ったトマトベースの温かいスープには、旨みがぎゅっと凝縮されています。

『KIREKATO(キレカト)』

『KIREKATO(キレカト)』

こちらはさっぱりとしたお味で夏におすすめのメニュー。キュウリやトマトなどの角切りにした新鮮野菜を、あごだし・椿油にレモン汁を加えた冷たいおつゆと合わせます。盛りつけた五島うどんにたっぷり絡めてどうぞ!

海鮮丼

通年海鮮丼

五島灘の新鮮な海の幸を
豪快にどんぶりで!

東に五島灘、西に東シナ海を望み、国内屈指の好漁場に恵まれる上五島は、まさに水産物の宝庫。黒潮に乗って悠々と回遊する魚介はアジ・サバ・ブリ・ヨコワ など多種にわたり、港では四季折々の新鮮な魚介が水揚げされています。旬の、しかも獲れたてのお魚は、脂のノリや身の締まり方がぜんぜん違い、いつも食べ ているお魚と同じ種類とは思えないほど。プリップリでとろっとろの極上ネタをどんぶりで豪快に味わっちゃいましょう。「ここで水揚げされる魚の美味しさは 格別!」と地元の漁師たちも太鼓判を押す島のごちそう。海の恵みに感謝せずにはいられない上五島自慢の逸品を存分に召し上がれ!

通年あ ご

コクと旨みの黄金ダシ

あごとはトビウオのこと。水揚げされたばかりのあごを炭火焼きにして干し、あごだしとして使うのが上五島の定番です。新鮮なあごからとったダシは、コクと 旨みがたっぷり。炭火焼きの香ばしさも加わり、とっても深い味わいになるのです。なかでも、あごだしの“おつゆ”と五島うどんの組み合わせは伝統あるゴー ルデンコンビ!黄金色に透きとおったダシはクセがないので、最近ではスープなど洋食にも使える素材として大人気なのだとか。お料理好きの方はぜひ試してみ てください。

あ ご

豆ようかん

あ ご

伝統的な製法で作られる素朴な島スイーツ、豆ようかん。添加物は一切使わず、砂糖も少量で仕上げているので甘さ控えめでとってもヘルシー。洋菓子党の方も、小豆の甘さのトリコになるかも・・・!お土産にもおすすめです。

ふくれまんじゅう

あ ご

カトリックのお祝い事に出される郷土菓子。古くから“母の味”として親しまれてき ました。ふっくらと蒸しあがった生地はほんのり塩味。定番のあんこはもちろん、島で採れた野菜を使った手作りの餡が入ったものもあります。。

ページトップへ