旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
長崎から世界遺産を!世界遺産登録実現を目指しています。

【世界遺産候補】長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

エリア
長崎  
テーマ
世界遺産を訪ねる  
長崎地方の潜伏キリシタンが禁教期に密かに信仰を続ける中で育んだ、宗教に関する独特の文化的伝統を物語る12の構成資産で世界遺産として登録を目指しています。

世界遺産候補構成資産内の教会見学には事前連絡が必要です!

◆教会見学の事前連絡についてのお問合せ
 〒850-0862 長崎県長崎市出島町1-1-205(出島ワーフ2F)
TEL:095-823-7650 FAX:095-895-9690

  • Spot 1
    【南島原市】

    島原・天草一揆の舞台

    1637年に勃発した「島原・天草一揆」の舞台。2万数千人のキリシタンが立て籠もり、ほぼ全滅しました。多くの人骨と十字架やメダイが出土しています。
    現在は南島原市出身の彫刻家・北村西望による祈りをささげる天草四郎像や、西有家町の民家の石垣に埋もれていた天草四郎の墓石が移されています。

    • 住所:  〒859-2412長崎県南島原市南有馬町
    • 電話番号:  0957-76-1800
    • 営業時間:  自由見学

    禁教時代の潜伏キリシタンの集落の様相をとどめる歴史的景観

    平戸市の春日町はかくれキリシタンの伝統文化をもつ地域です。禁教下においては、聖地や殉教地を崇敬しつつ密かに信仰が継承されました。
    海から山間部まで連なる美しい棚田と聖地安満岳の風景は禁教時代の潜伏キリシタンの集落の様相をとどめる歴史的景観です。

    • 住所:  〒859-5373長崎県平戸市春日町
    • 電話番号:  0950-22-4111

    世界遺産登録候補となっている殉教の島

    中江ノ島は平戸島北西岸の沖合2キロに位置する長さ400m、幅50mの無人島です。

    この島では禁教時代初期に平戸藩によるキリシタンの処刑が行われた記録があり、現在の生月のかくれキリシタンにとって聖水を採取する“お水取り”の重要な聖地として「サンジュワン様」などと呼ばれています。

    “お水取り”はかつては平戸の西海岸の信者も行っていた記録があり、禁教時代には生月・平戸における共通の聖地であったとされています。

    次期世界遺産候補「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産「平戸島の聖地と集落」を担う重要な資産となっています。

    • 住所:  〒859-5144長崎県平戸市下中野町
    • 電話番号:  0950-22-4111
  • Spot 4
    【熊本県天草市】
    天草の﨑津集落

    潜伏キリシタンがカトリックに復活した地

    住民の多くが潜伏キリシタンであったこの地は、解禁後、ハルブ神父がかつて「絵踏が行われた庄屋屋敷跡を買い取り、1934年に教会堂を建てました。正面祭壇は絵踏が行われた場所であると伝えられています。

    • 住所:  熊本県天草市河浦町崎津574
  • Spot 5
    【長崎市外海】

    生涯を外海に捧げたド・ロ神父が私財を投じて建てた教会堂

    禁教期にも組織的にキリスト教信仰が密かに継承された外海地区。解禁後に外海地区に赴任したド・ロ神父により教会堂や当地の生活向上の施設が建てられ、貧しかった人々の生活の立て直しに尽力し、生涯を外海に捧げました。

    • 住所:  〒851-2322長崎県長崎市西出津町2633

    ド・ロ神父が設計し、私財を投じて信徒と共に建てた

    外海に赴任したド・ロ神父が設計し、26戸の信者と力を合わせて建てた教会堂は、地域で産出する玄武岩を漆喰で固めた「ド・ロ壁」が用いられ、随所に東西の建築技術の同居が見られ、ド・ロ神父の建築技法が典型的に表れている教会堂です。

    • 住所:  〒851-2427長崎県長崎市下大野町2619
  • Spot 7
    【小値賀町】

    外海からの移住の地により潜伏キリシタン集落が形成された現在はほぼ無人の島

    平戸藩の領内だった野崎島は、野首と舟森2つのキリシタン集落があり、信徒は信仰を公にして迫害を受けましたが、1881年に舟森、1882年、野首にそれぞれ教会堂を建て、そして1908年、野首と舟森の信徒が食事を切りつめながら結束して働き、現教会堂を建てました。鉄川与助が設計施工したはじめての煉瓦造教会堂。

    • 住所:  〒857-4701長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷野首
    • 電話番号:  0959-56-2646
  • Spot 8
    【新上五島町】

    日本では珍しい石造りの教会堂

    鉄川与助の設計施工によって建設され、信徒が近くの石を切り出してつくられた日本では珍しい石造りの教会堂。内部は船底のような折上天井で、随所にツバキをモチーフにした花柄文様があしらわれています。

    • 住所:  〒857-4102長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
    • 電話番号:  0959-42-0964
    • 営業時間:  なし
  • Spot 9
    【五島市奈留島】

    移住したキリシタンの4家族から発展したカトリック集落

    ※お知らせ
    江上天主堂の保存修理工事が行われているため、工
    事期間中は敷地内へ立ち入っての見学ができません。
    ●工事期間:2016年12月1日~2017年8月末(予定)
    また教会堂周囲に足場を設置するため外観に影響が生じます。
    見学不可期間につきましては、教会堂が見える場所に設置した展示パネルを活用したガイドにてご対応させていただきます。
    ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
     
    日本における教会建築の父・鉄川 与助(てつかわ よすけ)による設計で、クリーム色の外壁や水色の窓枠がかわいらしい教会。
    内部は、大工さんの技がキラリと光る。
    江上は1881年、西彼杵郡などより移住した4家族が洗礼を受け、教会がはじまった。
    1918年、50戸あまりの信徒が共同として地引網で資金をつくり、現教会を建てた。
    手描きの木目の柱や手描きされた花の絵の窓ガラスに、信徒の苦労の結晶を見ることができる。

    ◆通常扉は施錠中。江上天主堂の見学は、

    • 住所:  〒853-2201長崎県五島市奈留町大串1131
    • 電話番号:  0959-64-3111
    • 営業時間:  1週間前に下記に連絡すること
    • 休日:  月曜日定休(月曜日が祝日の場合は対応可。翌平日休み)
  • Spot 10
    【五島市久賀島】

    民家の形式を残した素朴な木造教会堂

    外海からの移住により潜伏キリシタン集落が形成された地に建てられた教会堂。1881年建立の旧浜脇教会堂が建替えのとき、五輪地区に移築されました。この旧教会堂が老朽化で解体される寸前、島内の仏教徒の助言によって価値が再確認され、文化財として保存されました。この地区は久賀島の中でいまだに直接車で行くことができない孤島の中の孤島。

    • 住所:  〒853-2172長崎県五島市蕨町五輪
    • 電話番号:  0959-72-7800
  • Spot 11
    【佐世保市黒島】

    島内の潜伏キリシタンが全員カトリックに復帰した島にたてられた荘厳な教会堂

    外海からの移住により潜伏キリシタン集落が形成された地に建てられた教会堂。黒島に最初に常駐したマルマン神父が設計。基礎に黒島石(御影石)を積み、40万個の煉瓦を使い、有田焼タイルが用いられています。

    • 住所:  〒857-3271長崎県佐世保市黒島町3333
    • 営業時間:  なし
  • Spot 12
    【長崎市】

    世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台

    居留地の外国人のために建設したゴシック調の国内現存最古の教会堂です。
    直前に列聖されたばかりの「日本二十六聖殉教者」へ祈りを捧げるために建てられたため、正面は西坂の丘に向けられています。
    元治元年(1864)末に竣工し、翌年2月に祝別されました。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない劇的な「信徒発見」の舞台となりました。

    • 住所:  〒850-0931長崎県長崎市南山手町5-3
    • 電話番号:  095-823-2628
    • 営業時間:  8:00~18:00(入館は17:45まで)
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています