旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
海の恵みに感謝

獲れたて新鮮 漁師めしの朝食付き!平戸漁師体験

エリア
平戸・松浦  
テーマ
ご当地グルメを味わう 大自然に親しむ 地元ガイドとめぐる旅  
目安
1泊2日 
漁師まちとしても知られる平戸で、早朝から地元の漁師さんと本物の「漁体験」ができます。漁の後は、とれたての魚介が並ぶ贅沢な朝ごはん付き!新鮮な魚でつくる漁師めしは、感動することまちがいなしです。もちろん活きのいい鮮魚はおみやげにしてもGOOD。そのほか、松浦・生月・平戸の名所や絶景スポットも訪れる、充実度満点のコースです。
  • Spot 1
    【1日目】11:30
    海の里食堂

    福岡から西九州自動車道経由で松浦へ

    平成27年3月に伊万里松浦道路(山代久原IC~今福IC間)が開通し、アクセスが便利になった松浦市。博多駅から車で約2時間で到着します。

    今福ICから3分ほど進んだ所に松浦の新鮮な魚料理がいただけるのにとてもリーズナブルなお店があります!
    人気の「刺身定食」はなんと600円!さらに、ごはんと味噌汁はおかわり自由というサービス満点の食堂です。

    • 住所:  〒859-4521長崎県松浦市今福町北免2009-323
    • 電話番号:  0956-74-0780
  • 車で約4分
    Spot 2
    【1日目】 12:30
    善福寺(ぜんぷくじ)

    県指定文化財「鰐口」を見学

    松浦家の始祖、源久公を祀る今福松浦家の祈願所「善福寺」には、県の文化財に指定されている鰐口(わにぐち/神社仏閣の堂前に、太い綱とともにつるしてある円形の大きな鈴)があります。正平10年(1355)に松浦丹後亀堂丸(きどうまる)が寄進したものといわれ、南北朝時代から受け継がれてきた貴重なものです。 ※見学の際は一言お声がけください

     

    • 住所:  〒859-4527長崎県松浦市今福町仏坂免910
    • 電話番号:  0956-74-0145
  • 徒歩約1分
    Spot 3
    【1日目】13:00
    宛陵寺(えんりょうじ)

    色鮮やかな天井絵に感動

    善福寺のすぐそばには、今福松浦家の菩提所である宛陵寺があります。ここには150年にわたり松浦家から送られた寄進状14通をはじめとする古文書や、江戸時代に平戸藩の御用絵師であった片山舟水(しゅうすい)によって描かれた天井絵があります。 ※見学の際は一言お声がけください

    • 住所:  〒859-4527長崎県松浦市今福町仏坂免958
    • 電話番号:  0956-74-0139
  • 車で約13分
    Spot 4
    【1日目】13:45

    「松浦のおさんじ」はここでゲット

    松浦魚市場で水揚げされた鮮魚や地元の水産加工品、農産物、お土産品などが揃う販売所。松浦の菓子職人たちが地元食材を使ったスイーツ「松浦のおさんじ」はここでゲット!

     

    • 住所:  〒859-4507長崎県松浦市志佐町庄野免226-30
    • 電話番号:  0120-062-004
    • 営業時間:  店舗・売店 8:30~19:00
      (12月31日 8:30~17:00、1月1日 9:00~12:00)
      体験施設 8:30~22:00
      (12月31日 8:30~17:00、1月1日 9:00~12:00)
    • 休日:  無休
  • 車で約26分
    Spot 5
    【1日目】14:45

    海と空に映える赤い橋がステキ

    本土と平戸を結ぶ長さ880mの平戸大橋。地元の人しか知らないビューポイントからの眺めは、思わずシャッターを切りたくなる美しさです。
     
    ■お問合わせ:平戸・田平公園管理事務所
         TEL:0950-57-0309

    • 住所:  長崎平戸市田平町
    • 電話番号:  0950-57-0600
  • 車で約30分
    Spot 6
    【1日目】15:30
    生月サンセットウェイ

    CM で見たことある!?あの景色

    平戸本島から生月大橋を渡ると、生月サンセットウェイのはじまりです。海を見れば青い東シナ海、山を見れば太平洋の孤島を思わせる断崖があり、 水平線を眺めながら走ることができる絶好のドライブルート。自動車メーカー各社のCMロケ地としても有名です。 

    <詳細>
    ■お問い合わせ:一般社団法人 平戸観光協会
           TEL:0950-23-8600
           平戸商工会 生月支所
           TEL:0950-53-0216
     

    • 住所:  長崎県平戸市生月町
  • 車で約15分
    Spot 7
    【1日目】16:00

    奇岩が続く不思議な断崖

    生月島西部の海岸線はほとんどが断崖ですが、中でもひときわ不思議な形をしているのが「塩俵の断崖」。この柱のような奇岩は柱状節理といい、溶岩台地の上に玄武岩が重なり、垂直方向に亀裂が入って五〜七角形の断面を作ることによりできたものです。★長崎県新観光百選
     

    • 住所:  〒859-5701長崎県平戸市生月町壱部1560
    • 電話番号:  0950-22-4111
  • 車で7分
    Spot 8
    【1日目】16:30

    展望所からの眺めは圧巻

    生月島の最北端に位置し、80m程切り立つ大バエ断崖の上にたつ白亜の無人灯台。この灯台には全国でも珍しい展望所が設置されており、海と空が溶け合う雄大さですばらしい景観が望めます。
     

    • 住所:  長崎県平戸市生月町御崎26-2
    • 電話番号:  0950-22-4111
  • Spot 9
    【1日目】17:30
    平戸観光交流センター

    平戸の新鮮な魚介を味わいながらゆったり

    平戸市内のホテルへ宿泊。夕食は新鮮な海の幸に舌鼓を打ちながら、地元焼酎「じゃがたらお春」もいかがですか。「平戸海上ホテル」では、市内名所をめぐるガイド付「ナイトバスツアー」が毎日無料で運行されています。
     

    • 住所:  〒859-5121長崎県平戸市岩の上町1473
    • 電話番号:  0950223060
  • Spot 10
    【2日目】6:00~9:00
    漁師体験

    漁師まち平戸で「一日漁師」になる!

    早朝から漁師の方と一緒に漁船に乗り込み漁場へ出発。漁場に着いたら、仕掛けた網を引き、魚が見えたら次々にタモですくいあげます。漁を終えた後は、地元の漁師食堂「母々の手」で獲れたての魚をいただく贅沢な朝ごはん。修学旅行でも一番人気の体験です。
    ○参加費:大人1人4,000円・小学生以下3,000円

    ■予約・お問合わせ:平戸観光交流センター 
     TEL0950-22-3060 ※3日前までに要予約
     
     

    • 住所:  長崎県平戸市
  • Spot 11
    平戸観光交流センター

    ガイドさんと平戸のまちを歩く

    平戸を散策するなら、地元のガイドさんが同行してくれる「平戸観光ウェルカムガイド」がおすすめ。名所にまつわる歴史や解説を聞きながら、ディープな平戸旅を楽しみましょう。
    ○料金:2時間1,500円(1時間延長につき500円)
    平戸ウェルカムガイド
    TEL:0950-23-8210(8:30~16:30)

    ■お問合わせ:平戸観光交流センター
     TEL:0950-22-3060
     

    • 住所:  〒859-5121長崎県平戸市岩の上町1473
    • 電話番号:  0950-22-3060
  • 徒歩で約14分

    市街地にあり平戸を代表する教会

    この教会は1913年(大正2)に「カトリック平戸教会」として現在とは別の場所に建立され、1931年(昭和6)この地に移設。 献堂40年にザビエル像が建てられ、「平戸ザビエル記念聖堂」とよばれるようになりました。※教会は大切な祈りの場で観光施設ではありませんのでマナーを守って見学してください。
     

    • 住所:  〒859-5152長崎県平戸市鏡川町259-1
    • 電話番号:  0950-22-2442
    • 営業時間:  9:00~18:00
    • 休日:  特になし
  • 約12分

    平戸藩松浦家の歴史にふれる

    建物は1893年(明治26)松浦氏の邸宅として建てられ、鶴が峰邸と呼ばれていたものです。 松浦家は、鎌倉時代の初期、この地に落ち着いて以来、幕末に至るまで650年余転封等がなかった事から、貴重な遺産が豊富に残されています。
     

    • 住所:  〒859-5152長崎県平戸市鏡川町12番地
    • 電話番号:  0950-22-2236
    • 営業時間:  8:00~17:30
    • 休日:  12月29日~1月1日

    4世紀の時を経て復元

    平戸オランダ商館は、1609年に江戸幕府から貿易を許可された東インド会社が、平戸城主松浦隆信公の導きによって平戸に設置した、東アジアにおける貿易拠点です。往時の姿を復元した館内には、当時の貿易に関する史料や貿易品などが展示されています。
     
     

    • 住所:  〒859-5102長崎県平戸市大久保町2477番地
    • 電話番号:  0950-26-0636
    • 営業時間:  8:30~17:30
    • 休日:  毎年6月の第3週(火・水・木)
  • 観光交流センターから車で約10分
    Spot 15
    【2日目】12:00

    お土産や夕飯のおかずをゲット

    平戸大橋そばの大型直売所。とれたての野菜や鮮魚・加工品が買えるほか、2階のレストランでは水揚げされたばかりの魚が堪能できる「刺身セット」や平戸和牛を使った料理などがいただけます。お土産や夕飯のおかずはここでゲット。
     

    • 住所:  〒859-4825長崎県平戸市田平町山内免345-15
    • 電話番号:  0950-21-1977
    • 営業時間:  直売所 8:00~18:00
      レストラン 11:00~17:00
    • 休日:  毎月第2水曜日、1月1日~1月4日
こちらもおすすめ!同じテーマのモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています