旅のテーマ・エリア・キーワードから探す 検索条件を開く
花あり歴史ありグルメあり!諫早を満喫するなら

いさはや歴史散歩

エリア
大村・諫早  
テーマ
季節の花々を楽しむ 地元ガイドとめぐる旅  
目安
2時間30分コース 
石橋では日本で初めて重要文化財に指定された眼鏡橋。他にも深い歴史を重ねた神社仏閣が集中して存在する諫早エリアを歩きます。四季の花々を随所で見られるのも、このコースの魅力です。

    境内の紅葉が山門を美しく彩る

    この地を治めていた諫早家の菩提寺でもある天祐寺。領主の墓所を囲む「弥勒四十九院」造りと呼ばれる石門付石棚にも注目を。

    • 住所:  〒854-0015長崎県諫早市西小路町1116
    • 電話番号:  0957-22-0132
  • Spot 2
    高城神社

    個性的な狛犬たちにも注目を

    明治15年に龍造寺家晴を祭神として創建。境内にある激しい形相と動きのある構図の狛犬は当時の名工・横尾覚馬の作品です。

    • 住所:  長崎県

    日本で最初に重要文化財に指定された石橋

    緑豊かな諫早公園にある石造りのアーチ橋。橋に階段があり、中央が下がっている本当の眼鏡の形は国内でここだけなのだとか。春には約3000本の鮮やかなツツジが彩りを添えます。

    • 住所:  〒850-0016長崎県諫早市高城町
    • 電話番号:  0957-22-8325
  • Spot 4
    本明川・飛び石

    昭和30年初頭までは洗濯場だった場所

    諫早市内から有明海へと流れる全長22kmの本明川。飛び石はかつて対岸へ渡る唯一の手段だったのだそう。現在のそれは昭和63年に復元されたものです。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 5
    慶厳寺

    筝曲「六段の調」発祥の地

    江戸初期の盲目の音楽家・八橋検校がこの寺で修行し、やがて名曲「六段の調」が世に出たと言われています。毎年11月には「六段のまつり」が行われます。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 6

    大名やシーボルトも宿泊

    慶弔19年(1614)年に建立。境内の時鐘楼(じしょうろう)は諫早で初めて時を告げた鐘で、昭和19年までの約220年間、鳴り続けていました。諫早の紅葉スポットとしても有名。

    • 住所:  〒854-0004長崎県諫早市金谷町9-1
    • 電話番号:  0957-22-0138

    諫早の美術に出会い、歴史に学ぶ

    諫早城址「山城」や、眼鏡橋、本格的な桃山様式の大名庭園・御書院に囲まれ、
    歴史漂う高城回廊の先に現れるミュージアム。諫早市に元々あった郷土館の史料をはじめ、
    諫早市の由緒あるお寺や神社、個人のお宅などに伝わる史料100点が展示されています。

    • 住所:  〒854-0014長崎県諫早市東小路町2番33号
    • 電話番号:  0957-24-6611
    • 営業時間:  10:00~19:00
    • 休日:  火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日、特別整理期間
  • Spot 8
    高城回廊と御書院

    四季を感じる自然豊かな散策路

    戦国時代に諫早地方を治めた西郷尚善が屋敷を構え、その後、諫早家の初代・龍造寺家晴によって築造された壮大な屋敷。桃山様式の池泉回遊式庭園に造られた太鼓橋や月見灯籠は昔を偲ばせます。

    • 住所:  長崎県
  • Spot 9

    高城跡に広がる自然公園

    樹齢600年を越す巨大なクスノキや本明川から移築された眼鏡橋、詩人・伊東静雄の詩碑などがあり、歴史が感じられる落ち着いた雰囲気の公園。3月上旬にはヒガンザクラ、4~5月にはツツジが楽しめます。

    • 住所:  〒854-0016長崎県諫早市高城町772
    • 電話番号:  0957-22-1500
実施期間 通年
集合時間 10:00
集合場所 天祐寺
地図はこちら
催行人数 2名から
食事 なし
料金 1グループ:2,000円
お申込み 諫早観光物産コンベンション協会
TEL:0957-22-8325、FAX:0957-22-8354
*申込み締切:3日前まで